background

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たー。

2017年08月20日(Sun)

大逆転裁判2をクリアして、まだドラクエ11が手付かずだったりなんかして、あんまり進んでないんだけど。とりあえず大逆転裁判2は激推しなので、1をやった人はとにかく買おう。やってなくてもチラっとでも興味がある人は1とセットで買おう。

それはさておき。

170820-1

横から。

170820-2

下から。

170820-3

先っぽだけ。というわけで、少しずつカタチになり。しかし、こういうのはカタチになってからが大変なんだよな……。あとから「やっぱりカクカクだよなー」と気になって無理やり刻んだりとか。

170820-4

さて、マテリアルグループとスムージンググループを考えながらUVを……ぐふっ。



さらにそれが昔の恋だったりなんかすると、もうどうしようもないわけで。

和風展のネタ探しに、動画を探しに行ったのがまずかった。心はもはや和風でもふぁんたじーでもなく80年代に飛んでしまった。むかーし好きだったものが、今でも情報を追いかけたりできるというのは恐ろしいもので。いやあ、便利な世の中になったものだなあ。

あんまりにもどハマりして戻って来られなさそうで、いい加減消費ばかりの趣味もどうなんだって自分でも焦り始めてるんだけど、もうどうしようもなくて。

前回の記事を上げてから、CG関係の情報をまったく追いかけてないというか、日々悶絶しながら生きるのが精一杯という感じで(←嫌すぎ)。

170724

無理やり創作に繋げようと足掻いてみたりして、しかしあまりにも作ったことのないものだからカタチになるかどうかも怪しかったりして。

そんな状態でして。



ひさびさの更新です。

2017年06月13日(Tue)

第11回和風展に投稿しました。現在は投稿期間は終了して、コメント受付期間となっています。

Wafoo11banner

自分の絵は変わり映えしないというか、いつも通り。タイトルは深く考えてないけど「すずはなのひと」みたいに読むのかもしれない(適当)。

前回、数年前に参加した和風展で、脳内イメージを忠実にカタチにするということについては、ある程度クリアできてたような気がする。なので今回はその脳内イメージを捉えるだけ……なんて考えていたんだけども。自分にとっての「和」や「和風」とはなんぞや、みたいなところで詰まってしまったのが、もう後の祭りというか。

たとえば小道具ひとつ取っても、ポンと置いただけではなんてことなくても、切り取る角度によっては(カメラアングルというわけではなく)「和」を感じさせることもあるわけで。アイテムにしろ題材にしろアイデアにしろ、自分自身が和風だと思うかどうか、面白みを感じるか、みたいなところをぐるぐると逡巡していた気がする。

とりあえずネットで画像検索したり単語を書きなぐって思いつく限り連想ゲームしたり、で最終的に残ったネタは「現代風美人画」「Superflyで山水画」「竹取の白紙委任状」あたり。キーワードだけ書いておくので、ピンと来た人がいたら使っちゃってください(笑)。

そんなわけで、以前作っていたMikiのメイクテクスチャを浴衣用の和風メイクに改造したのが5月21日、髪を合わせて、漫然とJPをいじりながらポーズを作ったのが5月26日。

170613-1

一応、どこから見ても自然になるようにはなってる……かな。

そこから締め切り日前日までウダウダした挙句、おもむろに団扇なんかを作り始める。手持ちに京団扇がなかったからなんだけど、配布できるように作ったはずなのに気付いたら左右非対称になってたのでお蔵入り。

170613-2

あとは特筆することはないかなあ。生レンダはこんな感じ。

170613-3

見ての通り裾のハダケっぷりがアレなので、構図で誤魔化したり。DCのシミュレーション結果で見苦しいところはモーフブラシで修正。

あと主線はジオメトリエッジラインとPhotoshopの輪郭抽出の合わせ技で、髪はライトOFFの発光100%でFireflyレンダしたものをアルファチャンネルに使って立体感を減らしたり、とか。がっつり色調補正しても、Superflyだと適度にリアルさが残るから楽だよね。

結局、まあなんだ。

ウダウダやってる期間の半分ぐらいは、心がファンタジーだったっていう。



Aeon Timeline 2を試してみた

2017年04月20日(Thu)

今回はCGじゃなくて書きものネタ。

たとえば、Aさんは冬の生まれと設定している。お話を読んでくださった方ならわかると思うけど、その昔彼が年齢を訊かれた時に「年が明けたので24」と答えていたのは、「正確な日付が分からないから新年を迎えたら1歳加算することにしている」からである。したがって、Aさんは誰よりも早く歳をとる、ということになる。

ひるがえって、Bさんは春の生まれだ。「(新)緑の聖日の翌日に」と言うぐらいだから、どうやらあんなファンタジーな世界の一般市民でも自分の誕生日ぐらいは把握しているらしい。

では、この二人の歳の差が九つというのは、果たしてBさんが誕生日を迎える前なのか、後なのか。

そんなことを考えていると頭がこんがらがって、おもむろに年表などを作り始めるのである。ええっと、一日に徒歩で移動する距離がだいたいこれぐらいで、山越えもあって、一ヶ月経過してて……トレボー城塞からクロビスの街までは何キロぐらい離れているのかなあ、などなど。

ところがこの年表というフォーマットがなかなか面倒くさい。ワープロソフトだと計算が大変だし、表計算ソフトを使ってみても、抽出や整形が煩雑だったりする。何か効率的な方法はないかなあ、と漠然と思っていたら、年表作成ソフトなるジャンルがあることを知った。そんな中で気になったのがAeon Timeline 2というソフト。時系列で出来事と要素の関連性を管理するらしい。英語版しかないけどMac/Windows両対応で、20日間の試用ができるということなので、ダウンロードしてみた。

170420-1

なかなかいい感じ。英語だけど、操作的には特に難しいところもないと思う。

開始日と終了日を持つ出来事(イベント)があって、それとは別に「人物」とか「場所」とかいった要素(エンティティ)を作成できる。この要素はカスタマイズできるけど、とりあえず最初から「アーク」「人物」「場所」の三種類が登録されている。アークというのは一連の文脈みたいな感じなのかな? とりあえずカテゴリ的な使い方をしてみた。でもって、たとえば何年何月の何日にトレボーがワードナに魔除けを盗まれた、という出来事が起こったら、まずその出来事を作り、さらに「トレボー」と「ワードナ」という人物要素を作って、出来事に二人を関連付ける。

170420-2

すると人物単位に表示を切り替えても、どちらの年表にも魔除けを盗まれたという出来事が表示されるわけだ。この関連性は、一覧表形式でチェックすることもできる。

170420-3

ある時点で誰がどこにいたか、みたいなことがパッと確認できるし、矛盾や漏れのチェックができるようになる。なにしろ付属しているサンプルデータがオリエント急行殺人事件のアリバイ一覧というのだから、まさにうってつけなわけだ。

便利なのは、生まれた日を出来事として作り、人物要素側に生年月日として登録しておくと、自動で年齢を表示してくれるところ。不死者や自動人形でもどんと来いだ。

170420-4

さらには、カレンダーを自分世界仕様にカスタマイズしたりなんかもできる。毎月30日×12ヶ月+余りの日5日または6日なんてカレンダーでも対応可能。いやウチのことだけど。

170420-6

暦の名称も作れるので、指輪物語の第三紀何年、みたいな表示も可能。ただ、閏年はグレゴリオ歴に従うようだ。つまり4年に1回あって、100年に1回なくて、400年に1回ある、という一年あたり365.2425日計算。

あと残念なのは、暦の混在や途中からの変更ができないところ。西暦と年号並列表示はできないし、16世紀あたりで余りの日を廃止して、31日の月が作られた……みたいなケース(ウチのことだけど)は設定できないっぽいので、そういう場合は別ファイルに分けるしかないみたい。それに、出来事や要素を一個でも作ってしまうとカレンダーの修正自体ができなくなってしまうので、最初にガッチリ作り込んでおく必要がある。

他にも日付の設定が年単位や月単位で選べるにも関わらず、表示している年表の間隔が優先されてデータが丸められてしまうらしいところ、設定画面のカーソル移動などがイマイチ練られてないところ、など挙動の怪しい部分は散見するものの、全体的にはとても使いやすい。OS標準のバージョン管理機能に対応してるし、うっかり保存ミスをやらかしても安心だ。Scrivenerとの連携もできるし、プロジェクト管理的な使い方もできるぽい。

170420-5

表示範囲は任意に変えられるから、大きなスパンの出来事も一元管理できる。

しかし、App Storeで6千円、直売で50ドルはちょっと高いなあ……。でも大掛かりな背景セットを3つぐらい購入したらそれぐらいは軽く払ってるし、ずっと使えるなら悪くない値段かなー。

にしてもなんか、これ作り込んだら、もうお話書かなくても満足できそうな気がする(笑)。



今風リビング。

2017年04月05日(Wed)

まあ結局テストレンダ。StonemasonさんのContemporary Living

170405-1

なんで書き割りが全方向じゃないんだ……などとHDR画像との色を合わせながらこぼしてみたり。いやいいんだけども。

170405-2

メインライトの光量を落として各ライトの輝度を均等にすると、ホタルは減るけど当然のようにアンバランスっていうか非現実的になる。エリアライトをフェイクに使うとシーンによってはガッツリ映っちゃうんだなあ……どうしようかなあ。

170405-3

そういやテレビはないんだな、この部屋。





Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。