background

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とうとうアレの。

2018年07月09日(Mon)

自分的最大の難所、UV展開がどうにか完了したので、木目っぽいテクスチャでも作ろうかなって思ったんだ。プロシージャルテクスチャで作ったマテリアルを、テクスチャに焼き込んで出力するベイクという機能。去年ターナーを作った時にもなんとか出来たから、たぶん今回もなんとかなるだろうって思ってたんだ。

Blender。

去年ダウンロードした時、操作方法を調べて右クリックと左クリックを入れ替える的なカスタマイズを少しやって、カメラ操作方法なんかのメモは机の前に貼ってある。

……他の事はなんにも覚えていなかった(笑)。

慌ててあちこちのサイトを検索しながら、あーでもないこーでもないって試行錯誤したんだけど。マテリアルの概念とか画像ファイルの扱いとか、基本というより根本的な部分から抜け落ちてるから、どの説明を読んでも途中でひっかかるところが出てくる。やっぱり、こういうのは書いて残しとかないとな~。

その昔、自分は「ウンチクはひけらかさないと身につかないから~」などと嘯きつつ覚えたての雑学を語ろうとするイヤな子供だった。けど実は今でも、知識を身につけるには他人に説明をするのが一番だと考えている。

というわけで、Blenderでベイク機能を使ってテクスチャを作る手順の覚書。主に未来の自分に向けた用。モデリングは別のソフトで行い、UV展開済みのデータをWavefront OBJ形式で出力しているとする。


とりあえずBlenderを起動したら、最初に出てくる立方体を消す。deleteキーとか、キー操作を行う時はマウスカーソルが該当のウインドウ内に入っていないと無効になるので注意。

180708-01

起動時のシーンをカスタムする方法とかは気が向いたら調べることにする。

で、「ファイル」メニュー>「インポート」>「Wavefront (.obj)」を選択してジオメトリを読み込む。

180708-02

Blenderは前後がY軸、上下がZ軸になっているので注意する。

180708-03

面が分離してないからスムースシェーディングがかかってちょっとイヤんな感じ。シェーディング角度の設定方法も気になるけど、今は絶対頭に入らないのでそのうち調べると思う。

180708-04

画面を2分割したいので、3Dビューの右上についてるシワシワを掴んでドラッグする。

180708-05

ドラッグすればするほど分裂して増えていくので、消す時は残したい方のウインドウのシワシワを掴んで消したい方にドラッグする。

180708-06

片方の画面を「UV/画像エディター」にする。

180708-07

アウトライナーウインドウで読み込んだオブジェクトの名前の右にある三角アイコンをクリックするか、画面下部のヘッダのモード選択で編集モードを選択するか、マウスカーソルが枠内にある状態でTabキーを押下するとオブジェクトが編集状態になる。

180708-08

編集状態になるとUV/画像エディターのウインドウにUVが表示される。

180708-09

その状態でプロパティウインドウのヘッダにあるマテリアルタブをクリック。Wavefront OBJを出力する時にMTLファイルを作成しなかったので、マテリアルグループは作成されてない。下のマテリアル一覧の中にデフォルトのマテリアルっぽいのがあるから、それを選択する。

180708-10

もし一覧の中に何もなかったら、右の新規ボタンでマテリアルを作成する。

180708-11

マテリアルが作成されて表示がちょっと変わる。

180708-12

識別のためにマテリアル名をとりあえずなんかつける。ついでに適当にマテリアル設定もしておく。

180708-13

3Dビューの表示をレンダーに変更しておく。

180708-14

表示方法が変わったところ。

180708-15

次に、テクスチャタブをクリックして細かな質感を設定していく。ここで複数のテクスチャを重ねていくことでそれっぽい質感にしていくみたい。

180708-16

一つ目のテクスチャがたぶん「Tex」という名前になってるから、それを選択して適当に名前をつける。2枚目以降の質感を重ねる時はリスト内の空白行を選択して、下の新規ボタンで新規作成する。

180708-17

タイプのリスト内から作りたい柄に合わせてプロシージャルテクスチャを選択する。というか「画像または動画」と「環境マップ」以外はプロシージャルテクスチャみたい。

180708-18

デフォルト状態では生成されたテクスチャがUV情報に基づいてマッピングされている。これをグローバルに変更する。

180708-19

オブジェクトでもいいかもしれないけど、まあ。

180708-20

テクスチャが計算される座標軸(の順序)を指定することができる。この場合Z軸(縦方向)をなしにしているので、木目は丸太のように縦方向に変化しなくなる。

180708-21

Y軸(奥方向)もなしにすると、横向きにしか変化しなくなる。実際に木目を作るなら、3軸とも使って1方向だけ縮尺を伸ばす方がいい感じ。

180708-22

サイズで縮尺を、オフセットで木目の場合中心位置を指定する。サイズは数字が大きいほどテクスチャが細くなる。

180708-23

ノイズを少し入れて色々やっていい感じにする。この辺は数字をいじってたらなんとなく慣れる。色は「影響」ではなく「色」でカラーランプを使って、地色と木目の2色を指定した方が表示を切り替える時とか楽な気がする。

180708-24

まあ、あくまでテクスチャの叩き台みたいなものだから、厳密な色とかは画像処理ソフトで調整すると割り切った方がいいと思う。

180708-25

で、なんとなくいい感じになったらUV/画像エディタのヘッダで新規画像を作成する。

180708-26

適当に名前をつける。画像ファイル名ではなくて、仮称みたいなものみたい。Poserならイメージマップノードのノード名みたいな。幅と高さは出力する画像のサイズ。テクスチャにするのでアルファチャンネルはなしで。

180708-27

真っ黒な画像が生成される。

180708-29

プロパティウインドウのレンダリングタブをクリックして、下の方にあるベイク欄を表示する。ベイクモードをテクスチャに指定、あと程よい余白を設定したらベイクモードの上にあるベイクボタンをクリックする。

180708-30

上手に焼けまして。

180708-31

画面下部にあるヘッダの画像メニューから画像を保存する。複数のオブジェクトを出力する時は、アウトラインウインドウでオブジェクトを選択し直して、また編集状態にして……と繰り返し、ベイクするときに「クリア」チェックボタンをOFFにしておくと追加で描画される。

以上。

いつかはちゃんと覚えようと思うんだけどねー。



Comments

これはですね!

ぶっちゃけ今の自分にはまったく何の関係もない知識で感謝を申し上げる立場ではないんですが!

声を大にして申し上げまする。
「ウンチクはひけらかさないと身につかない」はむっちゃ真実だし他人様のお役にも立つ子はイヤな子じゃありません!
素晴らしいその信念をこの先もぜひ貫いてください!

Name
rose #4SZw2tfw
Site
URL
Post Date
2018-07-09
Post Hour
01:00:02

Edit

最近自分のブログを検索することが多々(笑)

>roseさん
わはははは、しかし語りたいことを語ってばかりで若干空気を読めない子供ではあったかもしれませぬ。
しかも自ら予防線を張っておくイヤラシイ子供でもあったような気がします(笑)。
三つ子の魂なんとやらと申しますので、このまま邁進して参りたいと思います~。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2018-07-09
Post Hour
02:29:27

Edit

とても合理的な行為

学校で休み時間に同じ班の子とかに算数を教えているような子供でした。たぶんKyotaroさんも同じタイプですよね。(違うとは言わせん~
「他人に説明すると知識がさらに深く正確に身につく」っていうのは本当のことで、なんとなく覚えている知識を分解&再構築することで反芻して「系統だった形で長期記憶へ移行させる」という、とても合理的な行為なのでした。

で、Blenderなんですが、私も最近ちょこちょこといじってまして。
(Hexagonではできない「頂点を自動で左右対称に揃える」という処理のため)

>とりあえずBlenderを起動したら、最初に出てくる立方体を消す。

モデラー的に使う人は、ライトもカメラも全部消してしまって、仕上げにファイルメニューの「スタートアップファイルを保存」をしておくと、次回から幸せになれます。

あと、オブジェクトの削除とかはアウトライナー(画面右上のリスト)のアイテムを右クリして削除するクセをつけておいたほうが、うっかり別のアイテムを削除してしまった!というハプニングを防げます。

と、Blender初心者なのに偉そうに語る俺様でした。

Name
ManiHoni #0ecWsDRU
Site
URL
Post Date
2018-07-09
Post Hour
12:03:56

Edit

なんだかすごい事が@@!。

もう、解説読んでも何が何やらですが、結果が柾目&板目まで表現出来てるのが凄い。
一木造彫像を3Dデータで造ったら、正確な木目テクスチャが出来そうですね。
とわ言え自分では再現したいとなると相当な覚悟が要りそうです(T_T)。

Name
sannzi #u2lyCPR2
Site
URL
Post Date
2018-07-09
Post Hour
13:46:29

Edit

ここにも蘊蓄少年が!(笑)

>ManiHoniさん
そうですね~、休み時間は主に絵とか書いてたような(わはははは)。あとは居眠りこいてたり。まあそれは授業中もでしたけども(笑)。
説明って、言葉や図のような具体的な形に置き換える作業が理解につながりやすい気がします。まにほにさんは昔からまにほにさんだったんですねえ~。

Blender、お役立ち知識ありがとうございます。今はテクスチャ作成の工程に移ってしまいましたので、また落ち着いたら試してみたいと思います。
Hexagonも中途半端で放置していたら、もう起動が怪しくなってしまいましたしね……(--;

>sannziさん
いやー、UVの切れ目を意識しなくていいっていうのは精神衛生的にとてもよいものですね~(笑)
ただ木目としての完成度はもう少しパラメータを見極めないとなんともならないといいますか、木材そのものについて勉強しないとなかなか難しそうだと思いました><。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2018-07-09
Post Hour
23:09:05

Edit

あれ、ワシの先生役が3人揃ってるw

どうもどうもイヤ参ったね、ワシが闇メール送る人たちが揃い踏みじゃあないですかこりゃどうも旦那方(揉み手)

某Kさんと某Mさんが同じタイプの子供だったことは容易に想像つきますよ。
ええ、何しろワタクシは(ご想像通り)そういう子にひっついてテスト開始10分前にざざっと要点教えてもらう子供でしたからね! 教えてくれそうな奴見抜くの得意でしたし食いついたら離さないのもその頃からのげふんごふん

世の中は持ちつ持たれつ、ワシが訊くからこそキミらは教えて自習にもなるわけで、愛ある世界に栄えあれですなあ(開き直り)

Name
rose #4SZw2tfw
Site
URL
Post Date
2018-07-10
Post Hour
00:50:43

Edit

なんだかみんな若返ったような

>roseさん
じゃー揃ったところで授業を始めましょうか~(嘘)

まあだいたい今の姿から昔の姿というのは想像できるわけで、そろほど差異がないということは素直に生きてきたのだと肯定的に考えることにしましょう(笑)。
尋ねる方も中には「もう二度と教えたらん」と思う人もいれば「なんぼでも聞いてー」と気持ち良く教えられる人もいて、やはり共生関係になるにはお互い素養も努力も必要なんだと思ったり思わなかったり(口から出まかせ)

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2018-07-10
Post Hour
17:37:27

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/575-eb2f1a2c



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。