background

Superflyで被写界深度を試してみた話。

2016年08月04日(Thu)

流転閑語、お話の続きをアップしております。

RutenKango

次で完結予定。週末には上げられたらいいな~。


さてPoser。

あるとき眠れなかったので、そうだSuperflyでの被写界深度の表現はどんなもんだろうと思い立ち、さくっと背景セットをロード。さくさくっとライトを配置してf値を設定、SuperflyのレンダリングボタンをポッチリしてMacを放置した。寝る準備をしてから戻ってきたらレンダリングが終了していたので、そのままFireflyでほぼ同じ設定になるようにして、またレンダリングボタンをポッチリとやってからMacから離れた。おやすみなさい。

で、起きてからレンダリング結果を確認。どんなもんかな~。

160804-01

ぼかしの品質がどうこう言う前に、なんかSuperflyのレンダ結果が暗いのが気になった。

ライトはほぼ白の200%無限光とHDR画像を繋いだ100%の拡散IBL1灯。どこに影響が出てるんだろうと思って、とりあえず無限光を100%にしてライトごとにレンダしてみた。

160804-02

うーん、どっちもSuperflyの方が暗いなあ。

以前の検証で比較したように、単純な形状、単純なライティング、単純なマテリアルの下では二つのレンダラも結果にほとんど差が出ない。Superflyはデフォルトでガンマコレクションが効いているので、Fireflyもガンマコレクションのチェックを入れている。じゃあ差が出るのはどこだろう。複雑な形状、複雑なライティング、複雑なマテリアル、そのどれか。

……などと思いながら二つのレンダラを行き来しつつテストを繰り返してる内に、ふとレンダリング時間も確認しようかなと思ってiPhoneでストップウォッチを起動した。

あ、そういえば今のPoserってログを吐くようになったんだっけ。

ログというのはプログラムが裏でゴチャゴチャと頑張っているところの記録みたいなものである。確かそこにレンダリングの秒数が出てたような気がする。Poserのログウィンドウは右上の吹き出しアイコンで表示する。

160804-03

オレンジ色になったら新しいログを吐いたよ、みたいな。

160804-04

ふむふむ。Fireflyは6分33秒。Superflyは7分58秒。Superflyの方が1分半ほど時間がかかっている。なるほどなー。

と、ちょっと待て。Superflyレンダの方、なんか警告を吐いてる。

160804-05

(意訳)警告:マテリアル○○を解釈してるときにエラーが発生したよ。SuperflyはPoserサーフェイスノードの拡散値と鏡面値にアンビエントオクルージョンノードは接続できないにょ。

なんだとぅ。

アンビエントオクルージョン(AO)はP6のころ散々お世話になった環境閉塞なあれである。

160804-06

つまりこれがSuperflyだとエラーになるらしい。もともとAOというのは「狭くて光が入り込まなさそうなところに上から影を塗る」というシェーダである。だから初めから光の回り込みをちゃんと計算するIDLでは必要ないし、描画もされなかった。

そういえばAOノードの一番下に、知らない項目が増えてるな。Evaluate in IDL……「IDLで値を計算する」みたいなことだろうか。

……うん、君の事はまた今度確認するから。(←と書いておかないと忘れる)

物理的な光の経路をちゃんと計算するというSuperflyレンダラでは、AOノードはそもそもがエラーになるという事なんだろうか。どのみちFireflyでもIDLでレンダしてるシーンなので、全部のマテリアルからAOノードを切断していく。

ひええええ。

160804-07

あ、明るくなった! やったあ。

とりあえず、SuperflyではAOノードは繋がない方がいいってことかな。マニュアルにライトのAOは使用できないとか書いてあったけど、マテリアルの方も影響するということらしい。

ええと、何をやろうとしていたんだっけ。ああ、被写界深度だ。

というわけで無限光ライトを200%に戻してレンダレンダ。

160804-08

部分を拡大するとこんな感じ。

160804-09

ザラっと感が出るSuperflyの宿命で、もっとピクセルサンプリングを上げないと気になる感じかな。Fireflyの方が綺麗にボケてる。

ちなみにここで使ったFireflyのレンダ設定。

160804-10

あとSuperflyのレンダ設定。

160804-11

まあ、既知のネタかもしれないけど。気にせずこれからも体当たりしていこうっと。



Comments

今回の事とは

関関係ないかもしれないので、申し訳ない事ですが・・・
ふと一番上のFireflyとSuperfly画像の明暗の違いを見て気に成った事が有りまして。

実はモミリータのプロモ画像を作るとき、
>ライトはほぼ白の200%無限光とHDR画像を繋いだ100%の拡散IBL1灯
無限光をスポットライト一灯にしたのと強度の違いは有るものの、これとほぼ同じライト設定をしました。
文中のAOノードは最初から使っていなかったのですが、それでもやはりSuperfly画像の方が暗く成りました。
私の場合、いろいろ試した結果、SuperflyではIBLライトが全く機能しない事に気が付きました。
つまり入れても切っても、明るさを上げても下げても全く変化無いのです?
一方Fireflyの方は、従来のPoserと同じ変化結果が出ました。
これは私のPoser11Proだけとは思えないのですが、kyotaroさんが祈望の徒を書き終えて、今回の(今度確認するから)を納得されてからでも良いので検証していただけたらと思います。

ちなみにモミリータのプロモ画は、IBL無しでは物足りないので、いつだったかkyotaroさんが書かれていたHDR画像を球体に貼り付け、それを光源に使う、と言う方法を取りました。
結果、IBLを使ったときと同じ結果が出たように思ってます←本当かなとちょっと弱気(^。^)?

Name
sannzi #u2lyCPR2
Site
URL
Post Date
2016-08-04
Post Hour
22:27:47

Edit

「なんだとぅ。」

‥‥がジワジワ効いているw
なんかこう検証している最中のKyotaroさんの表情が目に浮かんでなあ(なぜかAさんとかBさんの顔になっているが)

すーぱーふらーいはまだ試してませんが(嘘です1回試して無かったことにしました)、とりあえず着々と参考書が仕上がっていて有難うございます。体当たり参考書すげえな。
比較画像(160804-09)fireflyの方だと左の壁の角が削れてるような角度ついて見えるのは錯覚ですか?

あ~はやくBさんに幸せが訪れないかな~。
(いやすでに幸せという説も)

Name
rose #4SZw2tfw
Site
URL
Post Date
2016-08-04
Post Hour
22:30:54

Edit

しあわせ~ってなんだ~っけなんだ~っけ

>sannziさん
そういえば、自分もそんな感じの現象に行き当たったことがあるような気がします。
出来合いのライトを適用してレンダリングしたら、妙に暗くてIBLライトがまったく効いてない、つけても消しても変わらない……というような。
その時は確か、マテリアルルームでライトを確認したら、DiffuseとSpecularに暗い色が入っていたような気がします。Superflyはライトの拡散色や鏡面色を個別に設定する機能は使えなくなっているらしいので、両方の色を白に変えてやることで解決したと思います。なんでそんな設定になったのかまったくわからないんですが><
ただ、それがsannziさんの遭遇された現象と同じなのか、ちょっと自信が持てないところです。どのライトで発生したのか確認してみようと思ったのですが、今ライブラリを漁っただけではどれが大元だったのかわかりませんでした。
また時間がとれたら確認してみますね。

>HDR画像を球体に貼り付け
まさに力技IBLですね(^^ 原理としてはまったく正しいのでライティングに困った時の手段として使えるテクニックだと思います。

>roseさん
検証中は夢中になってるので気づかないんですが、後ろで何かしゃべってるんですかねーあの二人。なんか「はい次はこの条件でレンダして」みたいな内容のことを積み上げられているような気がします。
とりあえずマテリアルを手直しするあたりをちゃんと押さえておきたいんですが、まだイマイチ自分の中で「これ」っていうテンプレができてないんですよね。

あ、壁が削れてるように見えるやつ、確認してみたら形状はSuperflyのレンダ結果が正しいです。シーンファイル開いてみたら削れてませんでした。
つまり、Fireflyレンダで使用した太陽光のライトの影の最小バイアスの値がやや大きすぎたために、セルフシャドウの発生位置が実際のジオメトリからずれてしまったという……(Kyotaro は じゅもんをとなえた!)

……まー、少なくとも不幸ではないんじゃないですかね。買って出た苦労だし(笑)。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2016-08-05
Post Hour
03:21:30

Edit

今のところ、

どうやら原因が分かった(らしい)ので、書いておきます。

モミリータのプロモに使ったIBLライトはSpecularが黒に成っていたので白に変更しました。
他レンダ設定はデフォルトのまま、いじらずに試しました。
それでも結果は同じだったので、いぜんkyotaroさんから頂いたD_IBL 1_Sunnyライトで試してみました。
勿論DiffuseとSpecularとも白でしたが、それでも結果は同じでした。
首をひねって、ふとGROUNDがすっぽり包むドームに成っていることを思い出しました。
もしかしてそのドームがIBLライトを遮っているのかもしれない?
そこでGROUNDを非表示にすると、予想通りIBLライトがレンダリングに反映される事が分かりました。
ところがFireflyの場合、GROUNDが有ろうが無かろうがレンダ結果に関係しないようなのです、だからIBLはSuperflyでは機能しないと思い込んだようなのです。

SuperflyではGROUNDのドームがIBLライトを遮る、
多分これが正解では無かろうかと思うのですが、まだこれからも折につけ確かめてみます。

Name
sannzi #u2lyCPR2
Site
URL
Post Date
2016-08-05
Post Hour
19:15:15

Edit

掘り返されるのは自分の記憶……

>sannziさん
確認してくださってありがとうございます。なかなかパッと原因を当てられなくてすみません。
もしかしてその該当のファイルで、Fireflyのレンダリング設定でIndirect Lightingをオン・オフ切り替えて変化が起こったりしないでしょうか。というのも、もともとIDLが実装された時に、拡散IBLライトはIDL使用時のみ障害物に遮られるように仕様変更されてた気がするのです。だから原因がドームだとすると、FireflyのIDLでも影響が出るような……ちょっと自信が持てないのですけれども><

他にもSuperflyはLight Emitterの設定の反映方法が違うようだったり、なかなか比較にもいろいろな要素が絡んでいて切り分けるのが大変です(汗

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2016-08-06
Post Hour
08:35:58

Edit

博士!

当たりです@@!
いやいや、kyotaroさんを博士と呼称するのは、roseさんや闇部隊の方々の特権なので控えようと思いますが今回ばかりは・・・
Indirect LightingをオンにしたらIBLライトが遮られました。
私などIndirect Lightingは記憶を掘り返しようにも、ほぼ消失していました(*^。^*)

とは言え思うに、SuperflyでIBLを使うときはGROUNDを非表示にする。
でもわざわざドームにしたということは、そのほうがSuperflyの実力が発揮できるから。
と言うことは案外Superflyで拡散IBLライトを使いたいときは、シーンをすっぽり包む球面にHDR画像を張り付けて代用にする、という方法が理に適っているのかもしれないですね。
まあ、三次の考え休むに似たりかもしれませんが、次回からは迷わずにいろいろ試せそうです。

Name
sannzi #u2lyCPR2
Site
URL
Post Date
2016-08-06
Post Hour
18:22:01

Edit

とりあえず一安心(^^

>sannziさん
いやー、原因がハッキリしてよかったです。自分も記憶を掘り起こすというか、ブログを読み返すというかそんなていたらくで(笑)。

GROUNDをドーム状にしたのは、たぶんドームそのものを発光させてライトの代わりにするような使い方を想定しているのかもしれませんね。超巨大レフ板みたいな感じで。HDR画像を貼り付けるにはUVが異なるからむずかしいでしょうけども。
なので既存のHDR画像を使用するなら、sannziさんのおっしゃるように球面にHDRを貼り付けるのが一番分かり良いのかもしれませんね。
わかってしまえば色々工夫できそうです。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2016-08-07
Post Hour
10:11:54

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/517-81165c3f



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。