background

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランタイム探索

2012年03月21日(Wed)

ちょっと息抜きに、Poser Pro 2012でできる暇つぶし。

まず、小道具の球をロードする。ハイレゾ版はUVがアレなので低解像度版を使う。

特性パレットの「原点を表示」で原点位置を表示させ、球体の中心に移動する(Poser単位でY軸方向に0.05プラスする)。原点を移動するのは、球を拡大した時に中心から拡大されるようにするため。ついでY移動をPoser単位で0.05マイナスし、シーンの中央に来るようにする。さらに、グループ編集ツールで面の向きを内側向きに反転させる。

120321-01

そういうオブジェクトをモデリングしても手間は変わらないかな。

次に、ドリーカメラのY移動とZ移動を0にする。カメラは必ず球体の中心に置く。球をカメラにペアレントしてもいいかもしれない。

120321-02

球体は適当に拡大。

で、球のマテリアルをこんな感じで拡散値と鏡面値をゼロに、環境色を白にして環境値を1にする。イメージマップノードを接続して環境色と拡散色に接続する。

120321-03

テクスチャを読み込む。デフォルトランタイムのTexturesフォルダの中に、HDRVFXというHDR画像を格納したフォルダがあるので、その中から適当に一枚選ぶ。ファイル名の末尾にaとついていないやつを選ぶべし。P7の時は2種類しかなかったのに、いつの間にか増えてたんだなあ。

120321-04

続いてレンダリング設定のプレビューでOpenGLを選択、「ハードウェアシェーディングを有効」にチェックを入れ、その下のチェックは全部外す。テクスチャのサイズはマシンパワーが許す限り大きくしておく。

120321-05

Fireflyレンダを使うときはガンマコレクションにチェックを入れておく。

120321-06

表示をテクスチャシェーディングに切り替える。もっとも、大半の人は普段からテクスチャシェーディングを使っているかもしれない。で、視点をドリーカメラに切り替えてみる。地面は非表示にしておくと吉。するとこんな感じになる。

120321-07

まあ、それだけと言えばそれだけのお話(笑)。

カメラをグリグリ動かしてみると、周辺を見回すことができる。いつも拡散IBLに使っていた画像の中に入り込んでる感じ。拡散IBL用の画像は周囲の歪みが大きいので、後方にあるものはよく見えなかったりしたんだけど。

120321-08

池に直滑降する滑り台を発見したり。ちなみにPro 2010では、プレビューのハードウェアシェーディングがガンマコレクションに対応していないので、暗いままの画像になる。Fireflyでレンダリングすればちゃんと明るく表示される。それ以前はFireflyもガンマコレクションに対応していないので、P7でもやってみたい、という人はノード演算でガンマ補正してから接続するといい(数値演算_色でガンマ値の逆数を累乗する)。

他の画像も色々読み込んでみよう。ガレージみたいな一室。

120321-09

外が明るすぎるせいで、中の様子がよくわからない。Fireflyレンダならトーンマッピングを調整すると若干見えやすくなる。

120321-10

こんな感じ。あんまり変わらないかも。

120321-11

どこかのビルの中。あんまりデキのよろしくないパノラマ画像だと、歪みが生じててヘンな感じ。

120321-12

こんな風景だったんだねー。

120321-13

試みにフィギュアを読み込んでみたり。地面を表示させて、カメラを上に持ち上げる。カメラは必ず球の中心にしなければいけないので、カメラを移動させたら同じだけ球も移動させる。

120321-14

写真の出来次第だけど、カメラが実際に撮影された高さにあればパースは一致するはずだ。球体はIDLの光源として使うにはちょっと弱いので、別にライトを用意する。写真の見たままの角度に合わせるだけだから、ライティングは楽といえば楽。ちなみに、球体は特性パレットで影を落とさないように設定しておく。

120321-15

どこに立たせてもだいたい合ってる感じ。まあ写真自体が歪んでたりするし、厳密に合わせるものでもないかな、という気はする。背景に使えるかも、ぐらいの気持ちで。

120321-16

こうやって見ると、じぇしーも美人なんだけどなー。

そんなわけで、現実逃避にいろんな写真を探索してたりして。



Comments

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/499-47722b8b



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。