background

黒マテリア白マテリア

2010年07月07日(Wed)

燕尾服のマテリアルをさらにぽちぽちといじったりして。前回のが紺系の黒だったので、今度は紫系の黒とか。

100707-1

色調補正した完成版はこっそり本宅ギャラリーにUP。

あと、いい機会なので練習がてら白のマテリアルも作ってみた。

100707-2

ライティングの加減でちょっと飛び気味ではあったり。

黒も白も、質感を出すのは難しい。とりあえず、完全な白や完全な黒は使わず、ちょっと赤味がかった暗い灰色とか、ちょっと緑味がかった象牙色とか、わずかに明度をずらしたり色を混ぜたりすると陰影が付きやすくなると思う。あと、鏡面反射色にはまた違う色相をまぜてみると色飛びが防ぎやすくなったり。

物質の質感は、そのものの色ではなく光沢の現われ方に大きく左右される。光沢の現われ方は鏡面反射とハイライトサイズ、そしてバンプに左右される。逆に、バンプの効果を際立たせるのも光沢だったりする。

100707-3

同じバンプを適用した状態で、左が光沢なし、右が光沢あり。光沢がある方が「表面に凹凸がある」ということがハッキリわかる。マテリアルの設定をするとき、闇雲にバンプの値を上げるよりちょっと鏡面を設定する方が効果的だということがわかるはずだ。

100707-4

鏡面値とハイライトサイズを変えるだけでも、まったく違う物質のように見える。当たり前のことだけど、それだけにいい加減に設定しがちなところだ。逆に、どれぐらいの設定をすればどういう風に見える、という部分がある程度分かってくると、マテリアル調整がぐっと楽になると思う。

そんなわけで、マテリア配付考えちぅ。



Comments

美しいわー

鏡面反射とハイライトサイズは今回一番クエスチョンだった反省点です。どこまでが自然なテカりなのか判断が難しくて……(笑)
FBM作成も含めて今またパーフェクトブックを熟読中。毎回「あ、コレこういう事だったのか」と、経験してからだとわかるあたりが迂遠ですねえ。
白テクスきれいです。私もこういうの目指してたはずなんだけどなあ。なんでピンクになっちゃったかなあ(笑)

Name
rose #4SZw2tfw
Site
URL
Post Date
2010-07-07
Post Hour
00:00:00

Edit

どもども~

>roseさん
自然なテカリって難しいですよね~。いつもやり過ぎで困ります。
使うライトによっても見え方って異なりますから、結局どんなシチュエーションにも対応する
普遍的な答えってないのかなあって思ったりして。
パーフェクトブック、お役に立っているようでなによりです。
復習とか忘備録とかにもなりますので、ぜひお手元に一冊置いてくださいまし(宣伝
ピンクは……キャラ先行とか?(笑)

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2010-07-08
Post Hour
00:00:00

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/426-802cd340



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。