background

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ねじこんだ。

2010年03月12日(Fri)

第四回和風展、投稿期間が終了して14日までコメント投稿受付中です。

第四回和風展バナー

というわけで、なんとか無事に(?)二枚ねじ込むことができた。二枚目は本当にギリギリで、投稿してからクレジットを修正してたらいつの間にか終了時刻を跨いでしまったという(笑)。

もっと早く取り掛かればいいのは分かってるんだけど、今回は本当にPoserを立ち上げるまでが辛かった。半ば強引に二名様ほど召喚した手前、まさか「某いつつのわ大会がつまらなかったのでヤル気ないです」とバックレるわけにも行かず(←けっこう本気)。

そんなわけで一枚目、けっこういろんな人に予想されてた2D風仕上げ。第二回和風展でやってみたようなのっぺり表現を、また違う手法で煮詰められないかな、というのが一応のテーマ。ノーレタッチは最初は特に考えてなかったんだけど、マテリアルを設定してるうちになんとなく「一発レンダで完結させてやれ」みたいな気持ちになったので、まあ出来心というか、ウケ狙いというか(わー)。

で、これが生レンダ(1/16サイズ)。

100312-1

「ほぼノーレタッチ」の「ほぼ」以外の部分は、・バックの彼岸花をグレーに・目元と頬にちょっぴり赤味追加・全体に岩っぽいテクスチャを重ねて・枠とサインがついて・トリミング、と言ったところ。レタッチのうちに入らない程度である。やろうと思えば全部レンダリングでできないこともない。正直やるメリットは皆無だけど(笑)。いつもなら必ず修正するような、わりとあからさまな破綻部分やミスも今回はそのままである。

手法としては特別新しいことはやってなくて、今までにやってきたことをまとめた感じ。輪郭線は法線トゥーン、肌のマテリアルはToon(スケッチシェーディング)ノード、着物はPoser上でUVを焼き直し、背景の円形のグラデーションはWave 2Dノードを使用している。わからないという人はリンク先とPPBの173ページとか254ページとか270ページとかを参照のこと(笑)。

二枚目はシンプルというかストレートというか。桜と桜吹雪は前日にレンダしたりOBJ出力したりしてたんだけど、肝心のPoserでポージングを始めたのが締め切り日の夕方という……(こらー)。予想以上にDCに難儀して、なんとかカタチになるかなとカメラを決めて、ライティングのテストレンダであまりのイマイチっぷりに本気で諦めようと思った。時刻、大体21時ぐらい(笑)。

かなり絶望したその時のテストレンダ。

100312-2

とりあえず、黒髪に黒背景は地雷原だということで(笑)。

背景を入れるのもイマイチだし、構図を変えるのも今更だし、と迷った挙句一旦休憩を入れる。で、髪の部分だけ背景色を変えることを思いついて背景ノードにブレンダーとV値を追加。大気効果の距離感に同じ色を設定して、遠方の地面の桜の花びらを霞ませる。DCの破綻個所は複数回部分レンダして、合成したりレタッチしたり。枝を合成して右上がバランス悪かったので急遽文字入れ。その時点で大体23時50分あたり。

ギリギリすぎて、クレジットを打つ手が震えていたのはここだけの秘密(笑)。

今回できるだけレタッチなしでやってみたのは、それが「意味のないこと」だと主張したかったからだったんだけど……考えてたらゴチャゴチャしてきたので、また別の機会に。



Comments

やり方は分かっても

やっぱりこれが3DCGソフトで描かれた絵だとは信じられないですね!
けっして疑ったりなどしていませんが。
特に目の描線(手描きで描いたとしか思えない)やほのjかな頬の紅の美しさが目を引きました。
 
よらば切られそうな剣士のポーズは流石としか良いようがありません。
以前此処で見つけたのですが社交ダンスのポーズとか指影絵のポーズなどもう名人芸だと思いました。
ああいうよく出来たポーズはそれだけでも見ていて楽しい物だなと気付かされました。
 
それにしても間に合ってよかったですね、スリリングな状態だったのですね(^^

Name
sannzi #u2lyCPR2
Site
URL
Post Date
2010-03-12
Post Hour
00:00:00

Edit

寿命が縮みました(笑)

>sannziさん
輪郭線は法線Toonの妙というか、偶然の産物というか、プレビュー画面では
表示されないだけにレンダリングでうまく描画されると嬉しいですね。
目元の赤味はテクスチャに描き込むことも考えたのですが、
効率を考えてレタッチにしました。
ポージングは根気の賜物ですね。でもその道に詳しい方に見ていただくと
あちこち不備があったりして……(^^;
ポーズがしっかりしてるとそれだけ絵に説得力が増えると思うので、
できるだけ丁寧にやっていきたいと思います。
いやもう、ホントに間に合ってよかったです(−−;

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2010-03-15
Post Hour
00:00:00

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/404-cf96d5da



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。