background

Study de お遊び。

2009年02月24日(Tue)

HideoutさんJezzさんcasiopeaさんのブログで紹介されているお題に自分も参加してみました。
まあ目の前で「お兄さんチョット遊んでかない?」的な話が展開していたので、お調子者としては「はーいはーい! 私たちも!」みたいなノリで……。

というわけでVOLTさんの微修正済み加工前PSDがこんな感じ。

090224-1

なんかもう、ものっそい上質なレンダだというのが感想。どこがどうとは説明できないんだけど。
灰色部分は別レイヤーで、人物部分が一枚のレイヤーに切り抜かれている状態。画像のサイズは1000×1500ピクセル。お題のポイントは、レタッチ過程で潰れやすく扱いにくい「黒」つまり服部分をどう料理するかということ。

ということで完成品はこちら。

090224-2(クリックで倍サイズ)

なんかもー、他の御三方の絵をご覧になられた方には一目瞭然というか、みんな違うねー(笑)。ホントーに人それぞれというか(笑)。まあレタッチ一つ取っても方法論に正解なんてないという一つの証なんじゃないだろうか。

とりあえずPSD開いたら早々に、髪→いつも通り目立たないカンジで若干追加、目→好みの立体感にぐりぐりと、みたいな。でもって影をちょっぴり追加。無いと自分的にどうしてもピンと来なくて。特に太股の前後関係とか。

課題(?)の服部分はいつも通り、情報量を無理矢理増やす方向で。ブ厚くてザラっとした感じの布にしたかったので、単純にノイズを載せてから色を与えて、そこから色調補正している。背景が緑っぽくなる予定だったので、逆に赤系の黒で。

でもって、取りかかった時にはHideoutさんJezzさんの完成品を拝見してたので、被らないようにしようと……(笑)。お二人が背景ナシと写真合成だったので、じゃあ自分は背景でも加えるか、みたいな(笑)。実際には元絵を開いた時に「上からの俯瞰」「顔よりも上の位置の床にバックライトのハイライトが入っている」という図が見えたので、その通りに撮っただけだけど。手持ちのアイテムに納得できる床が無かったので、急遽マテリアルを作ったりなんかして。

で、床を足したはいいものの、そこから手が止まる。改めて元絵を見直すと、絵のポイントはお姉さんの真っ直ぐな視線だと思う。お姉さんは何を見上げてるんだろう、ひょっとしたら「お姉さんを見ているこちら側」を見ているんじゃないだろうか、みたいな脳内妄想が出来上がる。ついでに自分の中にはこのテのえっちい服を着てるお姉さんは、えっちい職の人か悪い職の人だという先入観がある。じゃあ悪い職の人の路線で、と。

レティクルを入れたら絵の重心が上に寄ってしまったので、下部に適当な文字を入れる。当初の白文字だと腰から下がほとんど見えず、さすがにアンマリだったので透明に。ピンクのバラなのは最初に絵を見た時に「紅と思わせて実はピンクだ」と思ったからである。何がと聞かれたら「いや野生の勘が」としか答えようがないんだけど、たぶんテーマカラーみたいなそんなものが。

というわけで、一つのお題で様々な完成品ができあがったわけである。完成してからcasiopeaさんの作品も拝見したけど、見事に別人二十八号なカオになっててニヤリとしたりして(笑)

以前三軸展やroseさんとのプチコラボでPSDを交換してレタッチするという企画をやったけど、こういう一つの題材で思い思いにレタッチするのも面白いと思った。各人のレタッチの方向性=絵の方向性というか……むしろ好みの(得意な?)ねーちゃんの方向性、みたいな(笑)

それぞれが求める方向に技術力も伸びてるんだとしたら、それも面白い結果かな、なんて思ったり。

《2009.3.1追記》
TEPPANさんちでもお遊びされてます。すっかりTEPPANさんのやわらか~女子に変身してます。必見!

《2011.11.11追記》
一部のリンク先のコンテンツが破棄されたため、該当するリンクを削除しました。



Comments

この文章力が欲しい(^^;

本当にcasiopeaさんの絵と比べると別の人に見えますね、しいて言えば全く違った環境に育った双子姉妹とか。
良い心と悪い心に分離した人とか。
 
ポストワークの製作過程が詳細に書かれてあってとても興味深く読ませていただきました。
私としては目とか足の影とかレタッチでこんな事もできるのかという新発見もあったし。
昨日のRequiemもこの様な聞かねば分からないポスト処理が施されているのでしょうね。
 
でもインスピレーションを得る所から作成過程から本当に良く文章にされますよね。
多分サクサクと順序だてて理路整然と書かれるのだと思います。
ええっと(^^本当に好奇心からなのですが、大体どのくらいで書かれたのでしょうか、差支えなければお願いします。
私が之だけの内容を書くとしたらどれだけ時間が掛かる事か、いや、そもそも書けないし・・・

Name
sannzi #u2lyCPR2
Site
URL
Post Date
2009-02-24
Post Hour
22:00:50

Edit

かれこれ2時間ぐらいですか

>sannziさん
本当に別人になってしまってますよね。Jezz+casiopea組→善、Hideout+Kyotaro組→悪、といいますか(笑)。これも個性というか、好みなんだなーと思います。
 
ポストワークは絵作りの中で一番楽しい工程ですね。作業中はあちこち夢中になってやってるので、時間が経つと何をしたか大部分忘れてしまうんですけど(笑)。
 
文章は……サクサクではないですね(笑)。今回は夕食後に2時間ちょっとというところでしょうか。でも晩御飯の片付けをしながら「何をどう書こうか?」と考えていました。「情報量を無理矢理増やして」「紅と思わせて実はピンク」あたりはその時思いついた文章で、その部分を先に書き留めておいて、冒頭から間を埋めていくような感じです。ある程度文章運びは考えていますけど、なかなかその通りにはならないですね。もっと精進したいところです(笑)。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2009-02-25
Post Hour
19:38:10

Edit

文章を書くときの参考にします

有難うございました。
サクサク読めるからサクサク書かれているのだろうと思っていました(^^;
でも2時間でこれだけ纏められるのはやはり流石だと思います。
確かに「情報量を無理矢理増やして」「紅と思わせて実はピンク」は文中で印象に残る文言でした。
日記の纏め方などのとき参考にいたします。
(又、良い機会がありましたら「情報量を無理矢理増やして」の部分の解説をお願いしたいです。)
 
私だと之だけの長さの説明文は誤字脱字の校正だけで疲労困憊してしまいます。
私の誤字脱字はまあ見る人もsannziのやる事だからこんなものだろうと見逃してくれますが、kyotaroさんだと何を言われるか分からないので大変ですね(^^

Name
sannzi #u2lyCPR2
Site
URL
Post Date
2009-02-26
Post Hour
20:26:57

Edit

どういたしまして~。

>sannziさん
自分はどうしても書けば長くなる性質なので、できるだけサラっと読めるように、要らない部分を切るのと文体を適当に砕くこと、それから語尾や接続詞ほか表現が重複しないように言い換えることなどに時間を費やしています。
でも誤字脱字はあとから見つかったりして……(ひゃー)
まあ、ボケたら厳しいツッコミが入るのは、これはもう宿命ですね(なんか違)
 
レタッチでやってることはそんなに変わったことでもないので、自分の絵でいい例ができたら追々書いていきたいと思います。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2009-02-28
Post Hour
08:02:55

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/349-3db755b2



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。