background

似て非なる

2009年02月16日(Mon)

VOLTさんち・studio HARPOONVOLTのブログ上で、VOLTさん・Jezzさんによるプチ展
Mottainai展が開催されています。

Mottainai Exhibition

その節は恥ずかしいやら情けないやら申し訳ないやら、なんかもう非常に多方面にご迷惑っつーかそれ以前に失礼をかましまくっていたわけだけども、だからこそ素晴らしい作品の数々がこうやって日の目を見ることになって、ホッっと一安心、胸の支えが取れたりなんかして。

まあそんな諸般な事情はともかく、せっかく作って頂いた作品です。これを見なきゃ正にもったいない、というわけで皆さんゼヒにご覧下さいまし。滅多に見られない渾身の解説もついております。

でもって、ぽざくら本出版記念特設ページのユーザーギャラリー(作品集)も、まだご覧になられてない方はチェックしていただけると嬉しかったり。

自分の絵について解説をつけることについては、人によって考え方の違いもあることだと思う。自分自身のスタンスについては以前「翼あるもの展」で書いた通り。要するに、「自分が人のを読みたいと思うから、自分のも書いておく」みたいな。まあどんな解説でも読みたいのかって言われたら、そんなことはないんだけど。「なにそれをコレコレな意図で描きました」とか書かれても「ああそう」としか思わないし。

でもやっぱり好きな絵を作る人には興味も沸くし、興味ある人の言葉や考えにはできるだけ触れたいと思う。結果、その人の人格まで好きになったり肯定するようになるかっていうと、もちろんそんなことはないんだけど。ただ、まったく何も知らないでいるよりは、絵が立体的に見えるような錯覚もしたりして。そんな立体錯視を求めているのかもしれない。そういう意味では、その人の言葉や考え方すらも、絵や成果物と同じレベルの表現媒体であると考えられるような。

まあでも、やっぱり絵って人格出るよね。Poserだからかもしれないけど。

090216

時間切れで完成に至らなかったやつ。



Comments

わが意を得たり・・・の心境

今晩は。
VOLTさんが文中で「読み手への配慮が成された文章を心掛けて」と書かれていましたが、マテリアル篇をみて一番感じていたことだったのでVOLTさんと一緒だと思うと嬉しかったです。
又「POSER上級者向け解説書(!)」の執筆への期待も書かれていましたが、私も勿論同意ですが唯上級者向けとなるとどういうのか私には見当が付きません。
先日のポスト処理の詳細な解説なのかな・・・とか。
そうなるとPoserのと言うよりホトショの解説本になりそうな気もするし。
ま、それならソレで私は良いのですけど(^^
 
でもお二方の作品が公開されて良かったですね。
何故・・・単なる憶測は益する所が無いと思うので止めておきます。
お二方とも立派な文章を書かれますね、羨ましい、正に人格が出ていると思います。
 
kyotaroさんの言う立体錯視とは意味が違うと思うんですが和風展用にソレっぽいのを作ろうとジタバタしています。
考えてみればだまし絵はまさしく(自分の絵の解説)は愚の骨頂の世界ですね、こうだから不思議なのです、と解説しないとわからないようではその時点で失敗作の訳で。
う~む。そう思うと又何やらヒントが・・・

Name
sannzi #u2lyCPR2
Site
URL
Post Date
2009-02-16
Post Hour
23:41:30

Edit

ありがとうございます

>sannziさん
こんばんは~。えー、あんまり言われると恥ずかしくて転げ回っちゃうので勘弁して下さい(笑)。日記も拝見しましたが、お役に立てているみたいで本当に嬉しいです。
次の機会があると私も嬉しいんですけど、こればっかりは皆さん次第といいますか(笑)。自分に書けるとしたらPoser+Photoshopレタッチ記事とか自作~CR2解説とかになるので、他ソフトとの連携や動画が書ける人を探さないといけないんですねー(^^;
 
なにはともあれ、お二方の絵(しかも新作!)が公開されて嬉しい限りです。お二人とも、書かれる文章に滲み出てるように、作られる絵だけではなく人柄も素晴らしい方達ですよ(^^
 
絵と自己解説は、手品と手品のネタばらしの関係に近いのかもと思います。ただひたすら虚構と不思議の世界に没頭したい、という気持ちもあれば、どんなトリックなのかと考えたり、種明かしの場面でわくわくしたり。どっちも好きなんですよね。
なので、できるなら私はお客さんを「あっ」と言わせてから、ヒントだけ小出しにしていけたらと考えています。「あっ」はムリでも「わ」ぐらい言ってもらえるようになりたいな、とか(^^;
和風展に向けて着実に準備されていらっしゃるんですね。私はsannziさんの絵も大好きですので、どんな作品になるのか(もちろん解説も)楽しみにしています。あ、自分も急がないと……(汗

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2009-02-18
Post Hour
04:39:48

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/346-a5118226



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。