background

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ExPがいろん。

2008年03月15日(Sat)

さて、久しぶりにV4について。

2月29日のエントリ「インジェクション」で、インジェクション方式の問題点を述べた。その一つはフィギュア側にあらかじめ空きチャンネルを用意しておかなければならないこと、またもう一つは異なるインジェクションファイルが同じ空きチャンネルを指定した場合に、上書き(いわゆるコンフリクト)が起こってしまうことだ。その問題を解決するべくDAZがVictoria 4.1から導入したのが、ExPことExtensible Parameters(拡張可能なパラメータ)である。(ちなみに一番のスマートな解決方法はPoser 6以降を使って外部バイナリモーフファイルを利用することだと思うのだが、何やら色々と大人の事情があるらしい)

DAZによれば、ExPを使用すれば後からいくらでも空きチャンネルが増やせるという。しかも、DAZの定めた命名規則に従えば、チャンネル同士の衝突が起こることはないらしい。そして、この技術を使用したのが最初の製品がV4 Morphs++であり、Aiko 4であるとのこと。

周知の通り、Aiko 4はVictoria 4のモーフキャラクターだ。A4をインストールすると、ライブラリに新しくA4のキャラクターファイルが出現する。しかしそれだけではなく、V4を呼び出してA4のモーフをインジェクションすることも可能になっている。これは、Victoria 4.2にAiko 4用の空きチャンネルがあらかじめ用意されていた、というわけではない。A4をインストールした後にV4をロードすると、呼び出されたV4に初めてA4用の空きチャンネルが追加されるのである。だから、A4インストール以前に保存されたV4キャラクターに、A4のモーフをインジェクションすることはできない。

そのタネ明かしが、デスクトップに配置されたエイリアスとreadScriptの入れ子である。

readScriptとは、外部ファイルを読み込むコマンドだ。Poserファイル内にreadScriptの一文が現れると、Poserはその時点で指定された外部ファイルを読み込みにいく。ちょうどその位置に外部ファイルの中身が丸ごとコピー&ペーストされていると思えばいい。そして、呼び出された外部ファイルでも同じようにreadScriptを使うことができる。V4はこうやって入れ子状態になったreadScript文を利用しているのだ。

おおまかな概念を図にすると、こんな感じだ。

080315-1

最初に読み込まれる外部ファイル(一次ファイル)には、それとはまた別の外部ファイル(二次ファイル)を読み込むreadScript文のみが書かれている。そしてそこで指定された二次ファイルに、実際の空きチャンネルの情報が含まれているのだ。そうしておいて、Morphs++やAiko 4など新しいモーフがインストールされたときには、それらの新しい二次ファイルを読み込むように一次ファイルの内容を更新するのだ。こうすることによって、V4のキャラクターファイル本体には一切変更を加えなくても、空きチャンネルを増やしていくことができる。

なんだ、見えないところでやってるだけで、結局ファイルの更新は必要なんじゃないか……というのが、まあ当たり前の感想なんじゃないだろうか。では、その一次ファイルの更新とやらはどうやるのだろう? それがVictori 4.1以降、本体をインストールした時に勝手にデスクトップに作成されるエイリアス(Windowsではショートカット)である。

080315-2

これの実体は、Runtime>!DAZ>Victoria 4フォルダ内に作成されるアプリケーションである。このプログラムは実行されると特定の場所を探しに行き、そこにインストールされている二次ファイルの内容から、自動的に一次ファイルを生成する。この処理をDAZはイニシャライズと呼んでいる。

ところで勘違いされている方がいるかも知れないが、このイニシャライズ処理は「DAZ製品以外のExP対応モーフをインストールしたとき」に使用するものだ。DAZのインストーラは、通常のインストールの後に自動的にイニシャライズ処理を起動しようとする。Victoria 4.2やAiko 4をインストールした人なら、いつもと違う画面が出てきたのを覚えているかもしれない。

080315-3

ここでOKを押せば自動的に一次ファイルの更新が行われるので、通常はエイリアスを起動する必要はない。必要なのはあくまてもDAZのインストーラ以外でExP対応製品をインストールした時である。しかし、例えばRenderosityやRuntimeDNAの製品で、このExPを使用したものがあるかどうかはまた別の話だ。V4にはただでさえ「従来の方式にも対応するため」にV3と同じ100を越える空きチャンネルが用意されている。ここで敢えて新方式にチャレンジしよう、という勇者なベンダーは現れないような気もするのだが……ま、自分はV4関連製品(しかもモーフセットとか)には疎いので、ひょっとしたら既に登場しているかもしれない。

では、次回は未来の勇者と好奇心旺盛なアナタのために、Victoria 4.2の実際の動作を確認していくことにしよう。



Comments

ちょっとリリースが遅れていますが、Vittorio 4.2 がV4.2のモーフに変更されてArtZoneで販売されるようなのでもしかするとExp対応かも知れません。(多分違うでしょうが。)
 
#一応既存ユーザーなので無料アップデートの予定(笑)。

Name
T2 #OwGBkIc2
Site
URL
Post Date
2008-03-16
Post Hour
01:59:19

Edit

>T2さん
おお、そういえばV4.2にMaleモーフが標準搭載されて、アイデンティティの危機に瀕していたVittorioさんがおりました(笑)。ExP、実際に使うとなると結構準備が面倒くさいですね。果たして使う人がいるのかどうか疑問です。
……ほんとにアイテム持ちでいらっしゃいますねぇ(笑)

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2008-03-16
Post Hour
18:34:43

Edit

必死

こう言うのは一つつまずくと、後は全て分からなくなるのではないかと思い一生懸命理解しました。数学がそうですよね。
なるほどAiko4のモーフがやたら増えたのはこう言う事情があったのか・・・と言った程度の理解力です^^;
特に表情はどれを動かせばいいか迷いますね。それでも知っていれば幾分効率的に出来るようになりそうです。
次回のV4.2の動作確認と言うのがどういうのだか想像もできませんが必読のような気がします。

Name
sannzi #u2lyCPR2
Site
URL
Post Date
2008-03-16
Post Hour
22:03:42

Edit

>sannziさん
あはははは、授業なんかだと大抵そうですよね~。私もノートの最初の方「だけ」は丁寧に記録してあったり、計算式もマメに書いてたりしたものです(^^;
まあ、Poserにはテストもありませんし(笑)、必要を感じられた時にいつでも読み返しに来て下さればと思います。そのうちスラっと「あ、なーんだこの事か」みたいになるかと(^^
次回はまたヤケになるぐらい細々と記録をつけていますので、多分その次の回ぐらいに少しは役立つ注意事項などが載ると思います。
V4/A4はモーフの名前や扱いが新しくなっているから、覚え直すのが大変ですよね。何かいい整理の方法でも浮かばないかとcr2を眺めては溜息状態です(笑)

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2008-03-17
Post Hour
02:01:26

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/305-c9fb0762



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。