background

さてここで問題です。

2007年12月09日(Sun)

071208-1

最近、「教えること」の難しさについてよく考える。

教えるということは、自分の知識をただ他人に伝達することとは異なる。人にものを教えるということは、そこには相手すなわち学ぶ人がいるわけで、相手が自分の伝えた知識を理解し習得して、初めて「伝えた」ではなく「教えた」ことになる。伝達が目的ではなく、伝達後の理解が目的なのだ。

私は、教えるということは、自分の経験した理解の過程を相手に追体験してもらうことだと考えている。自分が何かを見いだす度に、「ああ、そうなのか。そういうことなのか」と感じたこと。それを順序良く重ねていけば、最終的な理解まで辿り着く。それは登山に似ているかもしれない。相手が山の麓にいるとして、予めそこがどういう山なのかを伝え、どこをどう歩けば頂上に辿り着けるのかを伝え、相手の一歩前を歩きながら、自力で頂上まで登りきってもらうのだ。

それにはまず自分が山の概略を熟知していなければいけない。また辿るべき安全で確実なルートを確保していなければならない。自分の辿った紆余曲折をそのまま歩かせてはいけないのだ。自分はその危険な難所を越えられたかもしれないが、相手も越えられるとは限らないのだから。

百科事典やネット上のTipsなどは、辿り着いた頂上のことがらを記している。日記や覚書は自分の辿った道について、その危険や越え方を記している。どちらも非常に大切な情報だが(記述が正確なこと、言語として正しいことは必須だけど)、それは教えるための文章ではないのだ。自分の知っていることを書き連ねただけでは、単なる情報の羅列にすぎないのである。

ある人が10について尋ねたとする。そこで11や12について解説するのは、親切心から出たことだとしても親切ではない。相手の関心はまず10にあり、往々にして11や12について理解する余力は残ってはいない。しかし、10を尋ねられて10を答えるというのも、やはりベストとは言えない。答える側としては充分に義理を果たしているのだが、場合によっては相手は困惑し、別の質問を重ね、もしくは(これは当人の人格の問題だが)失望してもう二度とやって来ないかもしれない。

なぜなら、10を尋ねる人間がすべて、1から9までを理解しているとは限らないからである。

相手が知っている数が5なら5から、できれば4あたりから、一つずつ示していかなければ10は見いだせない。6から9まで一つ一つ懇切丁寧に解説を重ねる必要はないが、それだけの行程があることを知らなければ、人はどちらに向かって歩き始めればいいのかもわからないのだ。

従って教える側に求められる要素とは、まず理解のために必要な(そして無駄や無理のない)ベストな行程を構築できること。そして何よりも、相手のレベル──つまり相手が今、理解の何合目にまで辿り着いていているのかを、相手の周囲にどんな難所が立ちはだかっているのかを正しく見抜く力が必要なのだと思う。

教わる側、学ぶ側にも似たようなことが言える。学ぶのが上手い人というのは、自分の理解がどのレベルにあるのかを知っている。そして自分の理解が5であるなら、いきなり10を理解しようとはせずにとりあえずキープしておいて、まずは6や7の攻略方法を探し始める。そして自分が9まで辿り着いた時に、再び10に取り掛かるのだ。学ぶのに必要なのは頭の良さではない。自分に必要な知識を自分でコントロールできるように、知恵を働かせることなのだ。理解が早い人というのは、そのヘンのセンスが優れているのである。

そんなわけで、自分が文章を書く時はいつも「どこまで遡るべきか?」に苦心するのである。誰かに尋ねられた場合と違って、文章は不特定多数の人を相手にするわけだから、そのレベルは千差万別である。だからといって1から順番に説明するのは非現実的だし、3DCGだからといって頂点の意味から説明していく必要はないだろう(小学校で習うし)。通常の国語力を持つ日本人ならば、稜線が辺のことを意味することぐらいわかるはずだ。同じように頂点番号が何であるのかは、単語を見た瞬間に理解できるだろう。しかし、「なぜそれが必要なのか?」はやっぱり説明した方がいいのかもしれない……うーん。

実際には、Tipsにするときと覚え書き程度にするときでは使い分けたりしているし、これは真似して欲しくないな、という時(笑)はわかりにくくぼかしたり隠したりしている(暴露)。

まあ、そんなことをウダウダ考えていると、色んなことがなかなか進まなかったりするわけで。

071208-2

ちなみにセント・アイブス方面「から」やって来た一団は、男と袋を勘定に入れて2801である。



Comments

基本的に誰かのTips読んでわからんとこは参考書籍もあるし、ネット上でも多数のヒントころがってますので自分で調べる努力のできない方は放置でよいと思いますよ。
「なぜそれが必要なのか?」を考えさせるのも愛情だと思うし、子育てと同じで、何事も手取り足取り、転ぶ前に先まわりしてあげるのは成長を阻害することになると思うけど?
ホントにCG好きだったら試行錯誤や調べることも楽しみのうちなんじゃないかなぁ・・
努力が嫌いだったら他の趣味に移行すればいいのです。 キッパリ 
 
kuroなんかいっつも七転び八起きじゃなく七転八倒悶絶してまぁす (笑 悶絶もCGや絵が好きだから楽し!ですネ。

Name
kuro #amXlFcx2
Site
URL
Post Date
2007-12-09
Post Hour
17:15:33

Edit

>kuroさん
ああ、私もさすがに手取り足取りするつもりはないです(笑)。キリがないですし、中には平気で自分のオムツを他人に替えさせるような方もいらっしゃいますし。
ですが、その人の代わりに答えを出してしまうことと、問題を簡単な順番から並べるのはやっぱり違うと思います。どんな知識でも体系化されてないと、学習する個々人が実はしなくてもいい苦労をしてしまうんじゃないかなと。
で、自分としてはむしろ書き手の側、質問を受けても体系的に答えられない方とか、少しでも知識があれば教えることができると思っていらっしゃるような方に、疑問を呈したいわけです。
 
まあ、なんだかんだいってこういうことでウダウダ考えているのも、自分にとっては一つの思考訓練なのかもしれません(笑)

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-12-09
Post Hour
23:31:07

Edit

マザーグース結構好きでしたよ(^^)。なぞなぞのようなブラックジョークのような、かわいいような恐いような。。
 
いつもお世話になっている方の人間ですが<(__)>。人に「教える」ということは難しいですよね。例えば答えが同じものであっても、人によってそこまでたどり着く道順はまったく違っていたり(思考回路というか)、ある人には単純明快なことが他のある人には理解が困難であったり。
また、ある程度知識が蓄積されてくるとそれが当たり前のことに思われて、他の人がどこで詰まっているのか、何が理解できないのかもわからなくなってきたりもしますね。ここは質問する側も明確に示さないと相互でちぐはぐなやりとりになったりすることもあります。
 
ある疑問に対して全てをまるごと教えようとするのではなく、とっかかりになりそうなヒントだけを示すというのは「知ってるならやり方そのものを具体的に教えてくれ!」という人もいるかもしれませんが(w)、私自身は悩みながらやっていかないと実際に身にはならないと思ってるほうなので、とにかく一歩進めることが大事かなと。すすんでみてまた問題にぶつかったら改めてまたアドヴァイスを請うと。。まぁ、そこで間違ってとんでもない道に踏み込んじゃう場合もありますが、それも勉強だ!w。
まぁ私もそうなんですが、無知な人というのは、自分のやろうとしていることがどのくらいのレベルなのかもわかっていないことが多いかもしれません。自分の手に余るかどうかの判断がまずできないんですよね(--;)。5~9が抜けていきなり10!とかやりだすので、その場合10をやるには5~の知識も必要だよと教えてあげるのも優しさかもしれません。(でも義務でもありませんw)
おまけに悩んでやったことさえ忘れるアフォなので、blogにやったことを書きなぐったり、サイトにまとめたりはしてますが(トップに注意書きはしてますが)、あれをTipsとしてまともに受け止められるのも恐いです。(--;)公開されてるんだから無責任なことするなよ~という面もあるかもしれませんが、受け取る側もうまく振り分ける判断力が必要かなと。

Name
aachan #7RsvQPjg
Site
URL
Post Date
2007-12-10
Post Hour
00:20:19

Edit

お互いに状況を理解しないといけませんので、
何度かやり取りする必要があるのですけれども…てんてんてん(笑)
(お互いに共通の物がないと、示したり示されたりしないといけませんので、手間がかかります)
そのあたりも出来るかどうか…なのでしょうか…
 
日々、見学です(笑)

Name
名前を忘れかけた kirakira(苦笑) #E7b3.Qo2
Site
URL
Post Date
2007-12-10
Post Hour
19:27:30

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Name
#
Site
Post Date
2007-12-10
Post Hour
21:19:48

Edit

ウチのブログも七転八倒ですから~

>aachanさん
マザーグース、あの乾いたナンセンスさがいいですよね。えげれすの国の方たちは小さい頃からあの不条理さに慣れ親しんでいるのかと思うと、一種の尊敬の念を覚えます(笑)
 
人によって、躓く場所が違ったりクリアの仕方も様々ですよね。教えるのが上手い方は、自分の理解方法以外にも躓きと理解のパターンをストックしているというか、どこで何を理解したかという過程を大切にしていて、わからない人の思考をシミュレートできるのだと思います。
 
知識にしろ技術にしろ、身に付けるためにはやはりそれなりの苦労を重ねないといけないと思います。むしろ今現在ものすごい知識や技術を身に付けている人たちは、決して楽にそれを手に入れたわけじゃなくて、今までに努力や苦労を重ねて来た結果そうなっているんだというか。
だから逆に、自分のやりたい事とできる事に大きな開きがあっても、そんなに無理に焦ったりしなくてもいいんじゃないかと思います。わからないことがあったら、それを理解できる日まで寝かせておくというか。目標が見えていて常にアンテナを張ってたら、人はちゃんと前進できると思うんですよ。この「常に」というところがまた、難しいんですけど。
 
>kirakiraさん
何がわかっていて何がわからないのかって、結構重要なことですよね。何に困っていて、どうしたいのかとか……。「何がわからないのかもわからない」って、酷な言い方をすれば逃避だと思うのですよ。自分の状況を説明する能力といいますか。そのへんも、やっぱり幼少時からの訓練の積み重ねじゃないかなと思います。
 
最近は、違うお名前の方でご活躍なさっていらっしゃるのでしょうか(笑)
 
>不確定名様(笑)
えー……(爆)。 ご連絡確かに承りました~。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-12-10
Post Hour
23:07:36

Edit

ちょっと出遅れたらいっぱいコメントが付いてるし。
一瞬真面目に計算してしまいました。(移動手段は何だったのだろうか?)
 
其れは兎も角、最近気になるのはむしろ日本語を理解している?ってことだったり、年寄りの戯言でつがね。(笑

Name
T2 #OwGBkIc2
Site
URL
Post Date
2007-12-11
Post Hour
00:17:00

Edit

>T2さん
数が多いように見えるのは文章量が多いせいでしょう(笑)
移動手段は、セント・アイブスの絵葉書など挿し絵を見る限り徒歩のようですねぇ。実は袋に入ってるネコは某ネコ型ロボットで、袋は四次元ポケットだったりして(んなわけない)
 
漢字の誤用レベルから根本的な言語能力の欠落まで、最近は結構見られますね。やはりこれも読書量の不足なのでしょうか。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-12-11
Post Hour
07:41:57

Edit

kyotaroさんのTipsには、とってもとってもお世話になってます。
 
不特定多数向けのTipsは、自分が書きたいレベルで自分が分かりやすい(書きやすい)書きかた、ということでいいと思います。まぁ、できるだけ読み手が読みやすいようにというのもありますけど。
 
理解の仕方は、人それぞれなので、全員に分かりやすいというのは、難しいですよね。同じことを説明するにも、数式が分かりやすい人もいれば、図で表した方が分かる人もいるし、身近な物や人にたとえたら分かる人もいるし。数式派の人に、たとえ話をしたら、かえって混乱すると思うし。
Tipsをネット上に置いておけば、検索してたどり着くのは難しくないから、読む側が自分に合ったレベルの分かりやすいTipsを見つければいいんじゃないかな。書く側もいろんな人が、いろんな書き方で書いていれば、読む側の選択肢が増えて、いいと思います。
 
それから、やりたいことがハッキリしていれば、6,7,8をとばして、いきなり10というのも、アリだと思います。「何か分からないけど、書いてある通りに(分からないところはカンで)やってみたらできた」という・・それだと応用がきかないから、行き詰ったら前に戻る・・・(私はこのタイプ。無駄が多くて失敗もするけど、やってて楽しいです)

Name
ぱいん #WzzJX4NY
Site
URL
Post Date
2007-12-11
Post Hour
19:27:09

Edit

教える側も難しいけど教わる側にもテクニック以前の基本姿勢がありますからねー。
まずはどういう場合だろうと、自分は無知なのだという前提のもとに教えを請えというのを、最近の学校教育では学びきれないのかもしれません。
あと自分は無知なのだということをそもそも理解できない場合もあります。
 
とりあえず周囲が10の話題で盛り上がってる時、1しか知らないのに3を(レベル低ッ)教わりたい場合、泣きたい気持ちになるのは確かだ。

Name
rose #4SZw2tfw
Site
URL
Post Date
2007-12-11
Post Hour
21:33:12

Edit

>ぱいんさん
逆説的ですが、自分が理解を深めるために手っ取り早い方法は、他人に教えることだと思うのです。人に教えるための文章を書こうとすると、必然的に自分の理解を客観視する必要がありますし、過不足もよく分かりますから。
だからできるだけわかりやすく書こうと模索することは、読み手に優しくハードルを下げるというよりは、書く側のハードルを上げるというか、結局は自分のために繋がるのではないかと。読み手は読み手で、自分のために自分に合ったやり方を見つければよいと思います。今はネットが普及して、調べ物も随分楽になりましたし。
 
ただまあ、こうやって色々書いてますが、結局はなんでもアリだと思うんですよ。そもそも人がやりたい事をやりたいようにやろうとしている時に、それを他人が左右できるとは思いません。
だから、こうやって私が一見Poserと関係ないようなことを書いているのも、一つにはKyotaroの(独善的な)主張という側面も確かにあるのですが、決してそれだけではなくて、これも私が提供できる一つのTips(情報)であり、読む方がそれぞれ煮るなり焼くなり拾うなり捨てるなり、もし役に立つところがあるなら、役立ててもらえたらなと考えています。
 
>roseさん
確かに教わる姿勢というのも難しいですね。無知の知といいますか。初心に返るのと初心者ぶるのも違いますし、中には口先だけやる気を見せて実際には努力しない方もいれば、実はかなり研鑽していらっしゃるのに、自分はまだまだだから、と韜晦なさる方もいらっしゃったり……いやぁ、お待ちしておりましたですよ(にやぁり)
 
私も自分の購入していない製品の話題で盛り上がってたりすると一抹の寂しさを覚えます(笑)
そんな時こそご新規さんウエルカムですよ。どうぞ気後れなさらずに(笑)

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-12-12
Post Hour
02:54:30

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/276-551136a8



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。