background

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


えくせれんと。

2007年10月10日(Wed)

Triaxial Gateによるプチ展示会第三弾。己のルーツを遡る、そのテーマは「心の名作」展。
Jezzさん雷華さんのエクセレントな美麗画と、いつも通りの代わり映えしない拙作が閲覧できる特設サイトへのアクセスはこちらから。お時間のある方は是非お立ち寄り下さい。

10月入ってからこっち、ずっとこの「心の名作」展に掛かり切りだった。とりあえずネタ出しに七転八倒。単なる良作品ではなく、自分の心に名作として刻まれている作品をリスペクトしようというこの企画。言ってみればオノレの半生を振り返るというか、遍歴をおさらいするわけで……。

とりあえずWIZは別格として、マリオ64とか時のオカリナとかDQ3とかあたりかなー。主人公がべらべら喋るゲームは好きじゃないから、FFは3が一番。この間リメイクされて、キャラに名前がついたり変に個性付けられたりと、ショックを受けたのも記憶に新しく……いや買わないから別にいいんだけど。最近ならACE5とか、キャリバーは心の云々以前に人生ゴッソリ持ってかれたんで割愛。

……って、見事にゲームしかないぞ、自分(爆)

しかしゲーム関係はやればゲームそのものになってしまいそうなので、あえて避ける。そもそも普段からWIZネタやってるし。そんでもってベタすぎる指輪を入れるかどうかで悩む。ひたすら悩む。

そうしてネタ出しでは苦しんだものの、絵作りの上ではなんていうか逃げてしまった感が否めない。自分の思い描くイメージがあって、そこにどうしても辿り着けなかった時に、別の既に一度通って拓いたことのある道を選んでしまったというか。踏破距離は稼げるかもしれないけど、目的地に近付くことはできるかもしれないけど、決して辿り着くことはないという、そういう感じ。

最近自分の表現力のつたなさ、幅の狭さを感じるのだが、今回のプチ展示会ではつくづくそれを思い知らされた。もっとインプットもアウトプットも増やさないと、いい加減停滞のしすぎで腐ってしまうのではないかと危機感を感じたりもして、そういう意味ではまあ収穫だったのかもしれない。

MUKAさん宅で、今年も中華展が開催されている。サーバトラブルの為前回の作品も募集中ということだったので、サマリー含めてそのままの形で前回の作品を投稿させて頂いた。昨年の絵を見返してみると、この一年間あまり進歩してないような気がする。いや、細かい技術的なところは進歩しているのかもしれないが、そんなことにはあまり価値もない。

自分がやっているのはCGなのだから、パラメータの操作次第でいくらでも同じものが再現できる。レンダリングが奇麗だとか、ライティングが上手だとか、質感がリアルだとかいうことは、極言すれば誰にだって出来て当然のことなのだ。

誰にでもできることなら、それをすることはただ単なる表現手法の選択である。選択意図を評価することはあっても、手法に長けている事自体は別段絵の評価対象になるようなことじゃない。

問われるべきはそれで何を描いたかなのだ。絵を趣味として続けるなら、往生際悪く言葉で語らずとも「それ」を伝えられるような、せめてそれぐらいの表現力は身に付けられればと思う。

071010


Comments

素晴らしいですぞなもし!!→「バスカヴィル家の犬」!!
子供の頃読んだホームズ物の挿絵にあった雰囲気が、そのまま伝わってくるような絵ではなかですかっ!
私は、グラナダ版TVシリーズのDVDから、満足に英語読めもせんのに、シドニーパジェットの全挿絵が入ったストランドマガジンのファクシミリエディションも持ってるホームズ好きでごわすが、これには満点ものですばい!
特に犬の描写は、これぞ!バスカヴィルの犬そのものでは、あ~りませんかっ!(但し、目が燐々と燃える青白い燐光ではなかった点は減点2となっております。爆)
 
背景の、ホームズとワトスンがぼやけてるし小さいながらもポージングや顔立ちが、ちゃんとホームズとワトスンなのが素晴らしいっ!
いや~、良い作品を見せて頂きました、偉いぞ!Kyotaroちゃん!(久しぶりに登場して、妙に馴れ馴れしく呼んで去っていく私・・わはは。。)

Name
ケロリン #5Uc4Mscw
Site
URL
Post Date
2007-10-12
Post Hour
19:09:51

Edit

教会の子は、もしかして・・・
で、窓の光がきれい。これって、「さすがKyotaroさん」ってライティングで、誰でもできないと思うけどなぁ・・
(えーと、極言じゃないから、誰でもはできないですよね)
それで、Kyotaroさんの高い理想と技術のおかげで、Tipsを分けていただいて、感謝です。
 
私のキャラ作りの原点は、時のオカリナです。顔作りの参考にした程度で、ポザキャラは独自の性格を持ってますけど。あ、Kyotaroさんも時オカ、されたんですね。ということは、ウチのタイショーとミドリちゃんの本名、ご存知でしょうか。(緑の髪のミドリちゃん。前回のお題でレンダでオカリナを吹いていた子です)

Name
ぱいん #WzzJX4NY
Site
URL
Post Date
2007-10-12
Post Hour
21:07:48

Edit

>ケロリンさん
お久しぶりです~。
>シドニーパジェットの全挿絵が入ったストランドマガジンのファクシミリエディション
をを! なんと素晴らしい! グラナダ版のDVDボックスは所有しておりますが、これはまたぷれみあアイテムではございませんか。いやはや参りました。
ケロリンさんのイメージからは離れていませんでしたか。お褒めにあずかり恐縮です。自分以外のホームズファンの方から「そんなの××じゃねぇ!!」と怒られるのだけが心配でございました(笑)(あれ、目は炭火色だと思ってましたが覚え違いかな~・汗)
でもって後ろの二人はぶっちゃけサー・ヘンリーより気合いが入っています(笑)。いえ、実はアップで写せるほど作り込んではいないんですけども…(ポージングで誤魔化す自分(^^;)
 
>ぱいんさん
はい、おそらく、そういうことなのでしょう。あんまり厳密にそういうつもりではないんですが、まあ、そういうことで……(と、はっきりしない言い方)
ライティングとか、結構ポストワークでやっている部分も多いので、何をやっているかがバレてしまったら簡単に再現できるのが多いんですよね(なので、できるだけ内緒にしたかったり……もごもご)。まあそういう意味なのです。
ぱいんさんの原点は時オカなんですね。私も時オカは大好きです。モデルはいじめっこのミドとサリアちゃんでしょうか。ぱいんさん家でどんどん個性が出てくるのも楽しいですね。妖精バージョンの彼らの活躍もたくさん見てみたいです(^^

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-10-13
Post Hour
01:35:19

Edit

正解です。主役は、ポザキャラとしての個性が出てこないのと、版元に気を使うので、なかなか表に出してあげられません。でも、妖精の中の1人として、時々登場します。

Name
ぱいん #WzzJX4NY
Site
URL
Post Date
2007-10-13
Post Hour
13:56:30

Edit

>ぱいんさん
あ、当たりましたか(^^ 良かった~(笑)
確かに主人公はこういう時に不利(?)ですよね~。個性の強いキャラの方が、表に出たがりますし……どこのお宅もそうなんでしょうね。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-10-13
Post Hour
19:34:03

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/267-db262964



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。