background

水着展。

2007年08月28日(Tue)

基本的に、Kyotaroはじぇーむずを「いい男」だと思っている。好みかどうかは別として、あんなハンサム滅多にいないと思う。これはごく普通の美的感覚だと思うのだが。じぇしーだって、美人かと言われると返答に困るが、モデルさんみたいだなぁ、ぐらいには思っている。だもんで、じぇーむずとじぇしーを使って「いい男」と「いい女」が撮れなかったら、それは自分の未熟なのだ。

以上、じぇーむず&じぇしーで作品作りに挑戦してみた言い訳。

ネタも浮かばないし、辛うじて浮かんだ男女画はポーズ案の時点でAさん投入が絶望的になってしまったし。まあ凡庸=誰にでも作れる絵、ってことで。だってデフォ顔だもーん。

心がけたのは自然な表情と、自然なポーズ。そして自然なライティング。自然なポーズというのは、格好をつけない自然体ということではなくて、ぱっと見「うわ、なんかヘン」と言われてしまわないようなポーズということだ。どれも今回の展覧会を見ていて足りないと思ったものなのだが、心がけてはみたものの、果たせているかというと今一つ、二つ。三つぐらい?

とりあえず男女の絡みって少ないよな。やっぱり面倒だからだろうな。

今回は特に時間も無かったので、特筆するようなことはしていない。逆光肌は普通に高速分散を弄っている。ブリンにノイズを繋いだりとか。あと弱いと言われているじぇーむずのJP周りでちょっとマグネットを入れたりとか。

070828-1

この手のレタッチはDAZフィギュアでも自分的に必須。えむよんはいつ発売かなー。

ライトはメイン以外に右奥から拡散色をカットした無限光を当てている。肌の高速分散ノードは代替拡散に繋いでいるので、影響されずにブリンの鏡面反射の効果だけを得ることができるのだが……ちょっとやりすぎた。あとは、生レンダ状態だとじぇーむずの顔が暗すぎて表情が見えないので、単体レンダしたものをうっすら乗せていたりとか。じぇしーの方はそのままだったので、投稿サイズに縮小するとイマイチ表情が潰れてしまってたというていたらく。

グラスはもうちょっと南国っぽいカクテルにすればよかったけど、手持ちのShade形状からコンバートする時間がなかったので、元々用意していたものを使っている。ちなみにレイトレースバウンズを上げた設定でグラス周辺だけを部分レンダ。屈折や反射の効果はアルファを抜けないので、合成する手間を考えて背景ノードにあらかじめ背景用の画像の一つを適用。実際には背景は2枚の夕日の写真を合成して色調補正したものを、後から合成している。

水着展を見ていると、どうも年々レベルが低下していっているような気がしてならない。それは初心者マークのユーザーが増えたからということではない。ましてや下手な人や技術の不足する人は展覧会に投稿しちゃいけないとかそういうことでもない。ひたすら、自分自身が向上していないことに無関心な人が多くなったような気がするのだ。趣味なのだからそれが悪いとは言わないが、見ていてテンションが下がるのは一つの真理だろう。

絵は作って人目に晒すほど上達するものだと思っている。それはつまり「あともうちょっと、なんとか良くしたい」「もっとこういう風にしたい」という気持ちの積み重ねなのだろうとも思う。そういう心理が強く働くからこそ、展覧会というものに意義があるのではないかと思うのだが……。

まあ、そんなことはもうちっとマシな絵を作ってから言うべきなのであって。

070828-2


Comments

ふふふふ

わはっはっは、と向上しない一人は他人事のように笑う。

Name
在五堂 #jVvQXXuw
Site
URL
Post Date
2007-08-28
Post Hour
19:29:09

Edit

ほほほほ

>在五堂さん
いらっしゃいませ~。
しないことと、それに気付かないことはまた別の問題だと思いますです。はい。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-08-29
Post Hour
00:27:29

Edit

Kyotaroさんは、デフォキャラのよさを引き出す名人ですね。Mikiの時もそう思ったけど、やっぱりすごい。
う・・ん、食わず嫌い(使わず嫌い)はだめだなぁ・・と反省。
 
それにしても、どうしてJamesさんやKojiさんは、お笑い担当にされてしまうんでしょうね。使い方でかっこいいなぁと思う絵もあるんだから、元はいいんでしょうけど。

Name
ぱいん #WzzJX4NY
Site
URL
Post Date
2007-08-29
Post Hour
18:46:37

Edit

こんばんは~
やはり目に見えない、と言うか私には気付きもしない所で作りこまれているのですね。
気づかなくても手が入っている分作品に厚みを感じるのだと思います。
背景の色は翼展のカラスの絵同様にとても好きです。

Name
sannzi #-
Site
URL
Post Date
2007-08-29
Post Hour
20:31:52

Edit

こんばんは~♪
前半(男女の絡み)と後半(レベル)に1票。
自分の腕をさておいて、何となく同じことを思いました・・・。あまり敷居を高くするのもよくないんでしょうけどね。。。
自己満足画オンリーの自分が言っても説得力ないですが、Kyotaroさんが書かれるとさすがに重みがありますね。(*^_^*)
 
PS
このところ、Kyotaroさんの漫画見れて面白かったです。デェフォルトキャラは、自分の守備範囲外ですが、キャラのやり取りや、画面の配置、効果線とかが美しかったです。。。まだまだ暑いですが、このまま芸術の秋へ突入してくださいね。q(^-^q)ファイト!

Name
Cari #Uh60rX9Y
Site
URL
Post Date
2007-08-30
Post Hour
01:27:13

Edit

>ぱいんさん
イーフロのフィギュアは個性が強いしリアル寄りですから、そこに自分の個性を加えるんじゃなくて、そういう俳優さん(モデルさん?)をどういう風に使えば活かせるかな、というアプローチの方が合っているような気がします。
やっぱりDAZフィギュアに比べて表情モーフが使いやすいですから、極端な味付けになってしまうんじゃないでしょうか。シリアスに耐える衣服が少ないのも影響してますね。JamesもKojiもハンサムだと思うんですけど……(笑)
 
>sannziさん
ありがとうございます。ムダなコダワリかもしれないですが、やっぱりぱっと見た時の違和感って大きいと思います。
家族に見てもらうと、思いもよらないところをヘンだと突っ込まれるんですよね。そういう批評って辛いんですが、涙を忍んで(笑)努力すると、その分報われるような気がします。
 
>きゃりばーさん
こんばんは~。男女のカラミ、少ないですよねー(笑)
もっと健康的なロマンスとかあっていいと思うんですが……やっぱり恥ずかしいのもあるんでしょうか(笑)
レベルは自分が偉そうに言うのもアレなんですけど、上手くなっていく人とか、何かしら刺激を受けるような絵を作る人を見ると、こちらも頑張らなきゃ!って思うんですよね。そういう方がもっと増えて欲しいなと思います。
 
芸術の秋、Poserの秋……(金鳥のCM風に・笑)

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-08-30
Post Hour
23:09:00

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/256-a075eece



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。