background

支払いはワリカンで。

2007年03月15日(Thu)

クリーマー×1、レモン皿とトング各1、スプーン(紅茶用×1とシュガーポッド用×1)、
フォーク×3、ペーパーナプキン×3、メニューとメニュースタンド、伝票。

以上、今回の絵で入れそびれたブツたち(笑)

久々の絵はホワイトデーネタ。三人が一度にエスコートで三倍返しと思いきや、出費は1/3に抑えられているというお話。コ洒落たカフェでお茶を……という絵は一度きちんと作ってみたいと思っているものの、なかなか果たせない。その理由の一つは言わずもがな写すべきブツの多さだったりなんかして、それっぽい雰囲気を出す為にはある程度モノを揃えないといけないわけで。

135-1

即席ティーストレーサー、いわゆる茶漉し。回転モーフ付き(笑)

このテのアイテムは、いざ使おうと思ったときにはなかなか集まらないものである。あるところにはあるのだが、何人分かバリエーションを持たせようと思ったら結構きつい。Shadeの形状集は後々使い回せるようにしっかりめにコンバートしたのだが、普段からやっておかないといざという時に結構な作業量になってしまったり。

135-2 Shadeの森シリーズからのコンバート。

あとひと月ほどでPoser歴が丸二年になろうとしている。長く続けているような気もするが、結局Poser 6からまともに使い始めたわけで、本当に長く続けている方達から見ればまだまだ未熟だろう。わからない部分も未だに多い。それでも、役に立つことがあれば書いていきたいと思うのだが……さて、何を書こう(笑)

今回の絵は、まずアイテムを掻き集めるところから始まったわけで。
次に着席ポーズが3パターン必要になるわけだが、自作物のライブラリにはこれといったものが無かったので、テーブルと椅子とM3 Blankを呼び出してイチからポーズをつけていく。基本の着席ポーズを作ってライブラリに登録してから、バリエーションをつける。

135-3

ポーズはできるだけ自然になることと、面倒臭がらないことを心がけている。見た瞬間に違和感を感じるような不自然なポーズの絵は、自分で白けてしまうからだ。まあ、心がけてはいるが、果たせているかどうかは微妙な話(笑)
それに、面倒臭がらずに一度指先まできちんと作っておくと、あとあと使い回しができる。

135-4

ポーズが完成したらライブラリに登録して、背景フィギュアを呼び出して配置していく。背景物はテーブルや椅子をペアレントしたら、撮りたい一角をカメラの前まで移動させる。カメラを移動させるより、背景を移動した方がカメラの切替や小道具の配置が楽だからだ。

一体ずつフィギュアを配置して服を着せたら、ポーズカメラを使ってポーズの微調整をする。服や靴の厚み分だけちょっと移動させるような感じ。あと目線のチェックとか。

ライトはIBL1灯と無限光2灯。無限光のうち1灯は壁からの照り返し用……を名目に、暗くなりがちなアランの左顔面と他の二人の髪を後ろから影を減らして照らしている。ライティング自体はいつも通りで、ライティングTipsを書いた頃から特に変わっていない。
宣伝で心苦しいのだが、影やライトの使い方で困っている方は一度拙宅Tipsを読んで欲しい。

Poser 7の拡散IBLライトのセットは、Poser 6のものと基本的には変わりがない。適用するとPoser 6の拡散IBLのライトに加えて、画像の光源の位置に対応した「鏡面反射のみの」ライトが追加される。これがどういう意味なのかは、ライティングTipsを読んで頂いた方ならお分かりになるはずだ。

既存のマテリアルを総チェックしたら、本番レンダ。今回はテーブルの上のものだけ別にレンダしている。

さすがにこんだけフィギュアを読んだ時点でティーカップとか並べ直すのはしんどかった。そのしんどいのが積もり積もって力尽き、冒頭のアイテム不足が起こってしまったわけで、やっぱり別ファイルでセットを作ってからライブラリに登録しておけば良かった……と、いつものように反省の生レンダ、4/25サイズ。

135-5

背景は黒抜きで写真合成だ。また合成のためにテーブルの上のもの、それ+テーブル、フィギュアのみ、それ+テーブル、といった風に何パターンかアルファ撮りをしている。
それでもPoser 7でフィギュア3体と背景をまとめてレンダできるようになったので、合成作業はかなり短縮されたと思う。

ところでぽざくら豆知識。
コメントにアポストロフィを打ちたい時は、文字参照を使うと吉。

■頂いたコメント■


コメント:(sannzi)
今晩は(^^
私が一番驚いたのは(Poser歴が丸二年)と言う所です。
poser3ぐらいから使い込まれていたのかと思っていました。
と言うくらい使いこなされていると思っていたものですから。
そう言えばkobamaxさんも意外と経歴的には長くなかったような。
うーん私ももっと頑張らねば。
M3 Blankでポーズを付けてからと言うのは始めてみました。
きちっとされていますね。
案外その方が効率が良いのかも知れませんね。
指ポーズは最初は面倒と思って始めるんですが、いざ始めると結構夢中になって好きになりました。
「鏡面反射のみの」ライトはIBLに鏡面反射の成分が無いからでしょうか?
壁からの照り返し用ライトと言うのはもしこういうシーンを作るときは参考にさせていただこうと思います。
合成は見事ですね(++
とてもそうとは思えません。
・・・
床がピカピカで見ていて気持ちいいです。


コメント:(Kyotaro)
>sannziさん
わははは、エラそうに語ってますが、自分まだぺーぺーです(^^;
ネタの為にアレコレ模索していたら、いつの間にか身に付いていた……という感じでしょうか。
却って昔のPoserを知らないのが、今の機能に馴染みやすくて良かったのかも知れません。
先にBlankでポーズを決めるのは、着衣状態でポージングするとその分余裕を取ってしまうので、
あとあと使い回しするときに不便だからですね。あとカメラを回すのも楽ですし。
指先、凝り始めると意外と楽しいでしょう(笑)面倒ですけど、その分効果があると思います。
拡散IBLライトはまさに御明察です。ありがとうございます。つまりP6で足りなかった成分を
別のライトで足したという形なんですね。それがよいかどうかはまだわかりませんが……。
壁の照り返しは3点照明で言えばバックライトの成分ですね。白壁は結構明るいみたいです。

そう、レタッチTipsをやると言っておきながら、なかなか果たせずにすみません(><)
床は……傷をつけてしまいそうで自分はなんだか落ち着きません(笑)


コメント:(miketama)
>面倒くさがらずに
そ、そうかっ!
Poser歴2年をとっくに過ぎてしまったというのにIBLライトの意味さえ解らない私と、2年ですでに自他共に認めるPoserマエストロ Kyotaroさんとの違いはそこにあったのかあ!
面倒くさがりでは誰にも負けないmiketamaです… (-_-;)


コメント:(Isiscat)
Nice image, full of elegance and handsome gentelmen.


コメント:(Kyotaro)
>miketamaさん
な、何ですかまえすとろって。大トロの最上級ですか。寿司ネタならイクラが……(聞いてない)
まあ自分の場合、あとで楽するために今手間をかけておこう、という小賢しい無精者とでも申しますか(^^;

>Isiscat-san
Thank you! Please enjoy the tea and talking time(^_^





Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。