background

和風展一人反省会そのに。

2007年03月07日(Wed)

二枚目は……諸事情により、フィギュアをロードしたのが日曜日の19時あたり(滅)

もう、あんまり言うのもアレだから書かないけども、自分的には「こんなモン出すな××××が!」レベルの、いわゆる「着物を着たフィギュアが立っているだけ」な絵である。同じフィギュアの立ちポーズな絵だって、描きたいモノがあってそうなったのと、ただそれだけのものとは天と地ほどの差があると思う。締め切りまで何度もやめよう、棄権しようと(イヤ1枚は投稿してるから棄権とは言わないか)思ったのだけど、それでも諦めなかったのはひとえに在五堂さんの着流しテクスチャが使いたかったからで……。

070307-1

そんなわけでKOD's和風コスプレ画。日本人バージョンとかいうわけじゃなくて、バンド物語の彼らが自分たち主題の寸劇にでも出てるような感じ。なのでやっぱり楽器を持っている。

070307-2

画中の文章は閑吟集から。諦観なんか知ったこっちゃねぇ的なフザケた感じの、語感のいいものを選んだ。時代的にはもっと下っているわけだけども、一癖どころでは済まないうさん臭げな野郎たちが演出できれば……ということで。

アランとマリアを都落ちした若殿と姫に見立てた戦国絵巻的なアイデアもあったけど、Aさんのポジションが決まらなくて廃案。Aさんはジャパニーズプリーストの扮装も断固拒否らしい。もちろんキリスト教関係も拒否。帯刀も拒否。じゃあ何ができるっつーねん。

070307-3

ライトは拡散IBL1灯+無限光1灯。レンダリングに入る時点で22時は回っていたと思う。
そんなわけでどうしようもない生レンダ1/4サイズ。

070307-4

Photoshopで背景を抜いて複製レイヤーでいろいろ重ね、ハードミックスレイヤーにガウスぼかしをかけてコントラストを上げる。このテの効果をつけると前髪が長くて浅黒系のアランは顔の判別がつかなくなってしまうのであった。

070307-5

琵琶の紐は投稿期間過ぎてから描き忘れに気付いたり。

そんなわけで、今回は反省材料で窒息しそうな展覧会だった。素材を使わせて頂いた方々に感謝しつつ、もっとちゃんと活かせるような絵作りをしなければ、と痛感。

なんか、最近自分の納得できる絵って作ってないなぁ。



Comments

閑吟集は

粋人の基本教養だし、いいんじゃないですかぃ。
五木寛之か近藤ようこの説教節な世界でもあるし、江戸初期の傾き者な感じもあるし。柄を白にすりゃ……それじゃぁとぶか(笑。
それにしても、閑吟集も都々逸も知ってる人が少なくなりましたねぇ。

Name
在五堂 #jVvQXXuw
Site
URL
Post Date
2007-03-07
Post Hour
11:55:20

Edit

>在五堂さん
おお、基本教養ですか。やはり粋というものにはどこかおどけた要素があるものなのでしょうか。
閑吟集はMy本棚に二冊しかない日本史関係の書物のうちの一冊です(後の一冊は古語辞典・汗)
都々逸も聞かなくなりましたねぇ。やっぱり、今は情報があふれ返っているせいで、本物を見たり聞いたりする機会がないというのが大きいのではないでしょうか。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-03-07
Post Hour
22:20:08

Edit

すみません。
歴史だけでなく文学も苦手な私...
あの言葉は、古い歌集の中かから選ばれたものだったんですね。
しかし、そういう古典の知識にお詳しいというのは、やっぱりかっこいいです。
というか、全然知らずにあんなコメントを書いた自分がかっこ悪すぎです。がっくり。

Name
mato #6XkXcwPI
Site
URL
Post Date
2007-03-07
Post Hour
22:21:32

Edit

な~んか2枚目いつものKyotaroさんらしくないよな気もしたんだけど・・ちょつと手を抜いた?(あまりにも直接的表現!あはは・・)
( ・_・)ノ☆(*_ _)ばしぃ!!
 
いや、冗談ですよ~♪しかし、特に一枚目はさすがの出来映えでしたね~。Kiyotaroさんの場合は技術を絵に生かせる力がある所に、いつも感心しておりますよ~♪けっこう技術的な事に拘っていても、いざ作品となるとちぐはぐな結果になる事があるんですが、Kyotaroさんはその辺りの心配が無いところが凄いっす!
ちなみに一枚目の絵を見ると、どうしても緋村剣心が浮かんでくる私は間違っているでしょうか?(爆)
 
 

Name
ケロリン #5Uc4Mscw
Site
URL
Post Date
2007-03-07
Post Hour
23:23:10

Edit

>matoさん
いえいえ、歴史では習わない部類のものですから、お気になさらず。
自分もそんなに詳しいわけではありませんから~(^^;
でもこういう知らなかったことを知る事ができた時って、新しい世界が開けるいいチャンスだと思います。気が向いた時にでも図書館や本屋で立ち読みしてくださいませ~
 
>ケロリンさん
わはははは~、炯眼恐れ入ります。ちょっとどころではございませぬ(殴)
いやもう出すのもどうしようかと思ったのですが、やっぱりこいつらの和装もせっかくなので……と思いまして。
今回はホントに自分の未熟さを痛感させられましたです。技術にしても、絵作りやアイデアにしても……。やっぱり自分としては、見た人に伝わる絵を作るのが一番で、技術などは絵作りの為のもの、という感覚で居たいですね。
剣心ですか~? そんなに美男ではない筈ですが(笑) あれもそう言えば悲恋でしたねぇ。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-03-08
Post Hour
00:05:31

Edit

今晩は(^^
恒例の絵作り裏話楽しみにしていました。
その1のKyotaroさんの色恋絵、見ていて切なさも感じるぐらい抒情的で素敵でした。
その2のAさん、唯の遊び人だからだったんですか(^^;
何で刀持たないのだろうかと色々考えてしまいました。
Kyotaroさんも後悔される事があるんですね、金剛武士の絵は強者揃い踏みみたいでカッコいい絵だと思うんですけど。
私はいつも出品した途端に後悔モードに入ってしまいます。
いざギャラリーに自分の絵が表示されると初めて他人の目で見られるような気がして見えなかったあらが見えてしまって。
でもそれに耐えられないからポイ!とそれは忘れて新しいことを始めてしまう・・・
それだから一進一退でナカナカ進歩出来ないのかも(^^;

Name
sannzi #u2lyCPR2
Site
URL
Post Date
2007-03-08
Post Hour
21:34:07

Edit

>sannziさん
こんばんは~。もったいないお言葉、ありがとうございます。
今回は本当にフィギュアのポテンシャルといつものヤツらの伊達っぷりだけが見どころと申しますか(^^;
Aさんが帯刀しないのは、どんな舞台設定でもプリーストの戒律に反することはしないという徹底振りによるものですが……時代劇で、帯刀もせず金にも困らずまっとうに働いているわけでもない、そんな職があるものかは疑問です(笑)
 
後悔することは多いですねー。出来てしばらくは結構自惚れることもあるんですが、やはり時間を置くとアラというか、もっと頑張れたんじゃないかと思ってしまいます。そのへんの対策で、レタッチが一息ついた段階で時間を置いたりもするんですが、今回はそれも無理で消化不良でした。
まあ、いつまでも引きずっていても良いものはできませんから、心機一転して別の事にチャレンジするのがいいんじゃないでしょうか。でも、このテーマはいつかはリベンジしたいと思います。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-03-09
Post Hour
05:17:17

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/208-c5adb5fd



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。