background

和風展一人反省会そのいち。

2007年03月05日(Mon)

和風展の投稿期間が無事終了。コメント投稿期間は次の日曜一杯(3/11の23時59分)までとのことなので、これからポチポチと感想を書かせて頂こうと思っている。自分はギリギリになったものの、なんとか二枚を投稿……するには、したのだが……。

一枚目を作る時に考えていたことは、「フィギュアに演技は可能だろうか?」ということだ。ポリゴンをレンダリングした結果であるところのピクセルの集合体に、「それ以上」を錯覚させる事ができるだろうか……みたいな大それたことを考えたわけだけども、まあ無謀なわけで(笑)。次いで考えていたことは、「自分に色恋が描けるか否か?」である。……まあ、これも無謀だったと(爆)

そんなわけで気合いを入れて指先をウネウネさせる。逆に言うと、今回特筆するよるうな事ってそれぐらいしかしていないというか。表情はつけたけど、Kojiの方は見えてないし。もちろんマテリアルの総チェックなんかは欠かさないけれども。

ライトは拡散IBL1灯+無限光1灯。RDNAで拾ってきたOlivier氏のIBL作成画像セットで、適当に曇りっぽい明るさを調節する。こんな感じ。

070305-1

一番の失敗はレンダリング範囲だ。生レンダをご覧頂ければ一目瞭然だが、実は近景の絵を思いっきりトリミングしているのである。最初にハッキリとした構図が浮かんでいなかったせいで、随分余裕を見過ぎたレンダになってしまった。当然バシバシとトリミングしていけば画像サイズが小さくなってしまう。縮小を掛ける事を予定してノイズを乗せたりぼかしたりしたものが、そのまんまロクに縮小できずにボケボケになってしまったんである。

背景も、もっと余裕があれば遠くに山っぽい形だとか橋の下に草とか船っぽいシルエットを重ねられた筈だけども……後の祭り。前景もレタッチを微妙にしくじって室内撮影みたいだし……。

そんなわけで反省の生レンダ1/16(!)サイズ。

070305-2

遠景の霞はレタッチによるものだ。

070305-3

ちなみに、P7Eには背景ルートノードに何も接続せず白にするとアルファが抜けないというバグがある。なので、実際のレンダリングは黒背景で行っている。SR1はまだ入れてない(展覧会の直前にインストールするような勇気はない)ので、フィックスされているかどうかは不明。

もう一つ、自分ではどうしようもなかったのが、刀の差し方である。流石に太刀のように刃を下向けはしないものの、着流しに差すとどんな風に見えるのか、これがまったくわからない。普段時代劇とか見てないのがバレバレである(汗)。適当に配置してしまったんだけど……どうかなー。

えー……さて。約一名、使用フィギュアについて問い質したいと考えておられる方がいらっしゃるような気がするものの、その辺はスルーして2枚目につづく(笑)



Comments

おそらくその約一名(誰とは言わぬが)ではありませんが、実はもう一枚ではG2版を使っていました。帯はWWで割りときれいにコンバートできたのですがシミュレーション後元々開いている脇の部分が目立ちすぎるので結局ボツにしましたが。
#多分ワタシは「まにあ」になれるほどは愛着が無い(笑)。

Name
T2 #OwGBkIc2
Site
URL
Post Date
2007-03-06
Post Hour
00:21:21

Edit

>T2さん
な、なんと! こんなところに出番を逃した良い風呂フィギュアが!(笑)
クロスシミュレーションは中々思い通りに行かないところが難ですね。何度も試行錯誤するのは辛いものです。ここはやっぱり……愛の力で(笑)

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-03-06
Post Hour
18:57:29

Edit

和風展投稿ありがとうございました。
刀の差し方ですが、着流しの場合帯の幅があるので、歩いているうちに刀が垂直に近い状態になるのではと想像します。
袴の場合は、帯が細いので普通の刀の場合重心が手元よりになっている為に柄が前方へ突き出ているような状態になるようです。
あくまで時代劇を見ての想像ですが。(^^;)
 
PS 次回和風展もよろしく~。

Name
hisayan #vdXS97RM
Site
URL
Post Date
2007-03-06
Post Hour
23:39:58

Edit

>hisayanさん
展覧会主催お疲れさまでした~。盛況になりましてなによりでした(^^
今回は本当にhisayanさんやHONEYさんや多くの方の支援物資がなければ参加も覚束なかったと思います。
なるほど、帯の幅によって見え方が違うんですね~! 言われてみれば確かに、袴の人たちの刀は真横っぽく向いていたと思います。普段からもっとよく観察しないとイカンですね(^^;
次回はその辺りも視野に入れつつリベンジしたいと思います。是非第二回三回を期待しています~。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-03-07
Post Hour
05:27:32

Edit

>使用フィギュアについて問い質したい…約一名
はて、誰だろう? とんと見当もつかないなぁ。(舞台劇のように表情豊かに)
 
でき上がらなかったネタの中にMiki/Kojiものもあった訳ですが、
で き あ が ら な く て よ か っ た ~。
心から神みたいな感じの存在に感謝をした瞬間でございました。
感想はあちらで申し述べさせていただきたく存じますが一言。
 
こ れ か ら も 期 待 し て い い ん で す よ ね、ね、ね?(殴

Name
duha #UbmerNwM
Site
URL
Post Date
2007-03-07
Post Hour
23:37:01

Edit

>duhaさん
おお! duhaさん、いらっしゃいませ!(白々)
如何なさいましたか、なにやら頬のあたりが引き攣っていらっしゃるような……(ニヤニヤ)
なんと、Miki/Kojiものは未完だったのですか~。ええ、まさに
先 に や っ と い て よ か っ た(爆)
という心境でございます。はい。
 
ふっふっふ……。こ れ か ら で す よ、こ れ か ら。
でも期待はなさらないで~(コラ)

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2007-03-08
Post Hour
00:10:15

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/207-f9836d88



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。