background

後片付けと細々したこと

2006年12月28日(Thu)

自分は一つの作品を作り終えた後、そのシーンファイルで作成したポーズを自作用ライブラリに登録している。次回以降に一部を改変して再利用するためで、ポーズファイル集のようなものを購入する余裕がない自分にとっては、時間短縮のための貴重な資源である。

特によく使い回すのが手のポーズファイル、中でも重宝するのは力を抜いた状態の手のポーズだ。人間の手は決してHandのGraspダイヤルのように均等には曲がらない。一本一本、各関節ごとに屈伸角度は違うわけで、自然に見せるなら、自分でポーズを取りながら一つずつ曲げていく方が確実である。そしてそうやって作ったハンドポーズを適用すれば、ただの立ちポーズでもずっと自然に見せることができる。力を抜いた状態では腕の角度で曲がり方も変わるし、何パターンかストックしておくと便利だ。

で、自分は今まで、そういうファイルを日本語で登録してたんである(笑)

だって「だらり」とか「やんわり」とか「軽く」とか「さらり」とか、英語で考えるの面倒だったんだものー。いや、落ち着いて考えれば単語だって浮かんでこない事はない。しかしただでさえ面倒な作業、それで一旦思考停止してしまうのがイヤなんである。「摘む」ってピックだっけピンチだっけ? とかリーチってrだっけlだっけ? とか。それに「握る」をGripで登録したあとGraspやHoldで登録してしまわないとも限らない。適当に命名して後で混乱するようでは利便性が損なわれるわけで、こういう時英語に馴染みがないのは(身から出た錆とはいえ)辛いなー、と思ってしまうのである。

そんなわけで、各50コぐらいあるポーズとハンドボーズを一個ずつ英単語で登録し直している。古いものの中にはイマイチなものや可動領域を越えているポーズなんかもあったりして、そういうのはボツにするか再調整している。なかなか気の滅入る作業である(笑)

メインフィギュア達は既に英語化が終わっているので、Poser 7でマテリアル弄って遊んだり。

061228-1

フリー物にありがちな、左右対称にお星様の入ったテクスチャ(笑)。Photoshopで回転コピーで切り貼り、360度均等になるようにして光沢成分を消す。ついでに色相を変えて光彩のフチをくっきり描いて透明感アップ。顔テクスは直接光沢が描かれているせいで、病気みたいな唇だったので周囲の色で塗り潰したりとか。M3用のスペキュラマップも描き起こそうかなー。

Poser 7では、レンダリングを開始すると参照するすべての画像ファイルをキャッシュし、次のレンダリング以降のテクスチャ読み込みを短縮している。P6でも部分レンダのときはテクスチャを保持する機能が使えたのだが(使っている人はほとんどいないだろうが)、更新された画像ファイルだけ判断して読み込み直してくれるので、こちらの方がずっと便利である。

特にPhotoshopなどでテクスチャを描き直しながら、テストレンダを繰り返す場合などに威力を発揮するだろう。

ま、目のマテリアルとかは、調整してもどうせこれ↓だから意味無いんだけど。

061228-2

ぽいんつは血色の悪さと眉間皺と長い顎(笑)

あと、ちょっと使ってみて気がついた細かいことなど。

  • 画像の書出ファイル形式からPICTが無くなりTGAとPNGが追加された(悲)
  • ファイルの保存先と出力形式が記憶されず、Poserを再起動するとデフォルトに戻る(困)
  • 画像の書出時、同名のファイルがあっても上書き警告が出ない(…)
  • ファイルメニューにようやく「最近使ったファイル」が追加(便利)
  • カメラのデフォルトの画角が変更された。メイン35→55、フェイス50→95。
  • Fireflyレンダで背景にノイズが入ってしまう問題が修正された(嬉)
  • Poserカラーセレクタを表示中の異常現象は改善されず(呆)
  • 部分レンダアイコンをクリックするとレンダウィンドウが真っ白になることがある(困)
  • マテリアルルームの数値入力にテンキーを使ったときの挙動が不審(困)
  • レンダ時の画像ファイルのキャッシュはマテリアルルームには利用されてないらしい(…)

どうみてもバグらしいものはアップデータで修正されるだろうと思われる。

単純に嬉しいのがFireflyレンダの背景ノイズが改善されたこと。

061228-3

僅か1階調程度のノイズだが、アルファチャンネルにも発生するので、画像処理時にあらかじめ塗りつぶし処理をかけなければ綺麗に補正が掛けられない。画像のフチに発生するノイズにしろ同じ原因から発生しているものと思われるので、これが全面的に直ったのはとてもありがたい。

悲しいのがPICT形式で画像出力できなくなったこと。PNGは個人的に使い辛いので、ファイルサイズを考えると次善のTIFFに乗り換えということになる。っていうかPICT切るぐらいならアルファも保存できないBMPを先に切るべきだろー(暴言?)。

Mac版のPoserのカラーセレクタは表示させるとポインタが虹色の処理中ポインタになり、CPUを二つとも8割近くまで延々と占拠し続ける。よほど稚拙な作り方をしているのだろうが、未だに改善するつもりはないらしい。commandキーかoptionキーを押しながらクリックすると直接OS標準のカラーピッカーが表示されるので、処理が重たくて困っている方はOS標準のカラーピッカーを使うようにするといいだろう。その方が便利だし。

ただ、OS標準のカラーピッカーを使うと、Poserが自分の指定した色を勝手に書き替えていることに気付いてしまうはずだ(笑)。Poserのファイル記述からすれば当然予測されてしかるべき現象だが、精神衛生的にはよろしくない。おそらくはこの辺りが、Poserが未だに粗暴なカラーセレクタを使い続ける最大の理由だろう。Poserのカラーセレクタなら誤魔化しが効くもんな(毒)。

レンダ時の画像キャッシュはとてもありがたいのだが、マテリアルルームで同様の処理がされないのは残念なところだ。残念なばかりか、どうも現状ではマテリアルのパラメータを変更すると、それがイメージマップノードでなくとも画像をすべてロードし直しているらしい。P7の微妙な外部ファイルの参照の仕様変更と相まって、ハイライトサイズを変更するだけでも数秒待たされるのだから、これはかなりのストレスになる。

Poser 7では外部参照の検索範囲をプレファレンスで変更できるようになっている。またファイルパスの扱いも多少変わっているらしい。そのせいか、P6ではあっさりロードできるオブジェクトが、P7では異常に時間がかかることもある。

ちょっと調べてみようかな。



Comments

部分レンダで真っ白になるのって、もしかしてRadeonつーかATI系じゃないでふか?
実はおいらNVidia系とATI系の両方のマシンがあるんですが、NVidia系ではそれが起きたことないんですがATI系では起きるんでございますよ。ということで簡単な報告な雰囲気のコメンツですた。

Name
ほげほげ #-
Site
URL
Post Date
2006-12-28
Post Hour
03:01:04

Edit

PNG出力はP6(Win)にもありました。そういわれてみるとP7(Win)にもPICTはなくなっていますね。BMPはMacとWinのシェア比を考えると切れないと思います。P7のJPEG出力は現バージョンはバグってるようで使用は推奨されていません。
ポストワーク前提ならPSDで出力するのが無難なんでしょうがWinだとエクスプローラでサムネイルが表示されないのが痛いところです。
 
Universal Poseのデータはdiffを取ってみたらPuppet Masterのそれと同じでした。ただ、Puppet Masterはデータファイルがパーツの名称/軸順番の定義ファイル(TXT)とペアになっているのですが、P7ではそれが見当たらないようです。

Name
T2 #OwGBkIc2
Site
URL
Post Date
2006-12-28
Post Hour
08:58:39

Edit

>ほげほげさん
ああ、まさにATIのRadeon9800XTです。どうもPoserはNVIDIA系以外のグラボとは相性が良くないみたいですね。
実はウチのPoser 6JでもSR2を当てた頃からプレビューウィンドウの描画時に白フラッシュするようになってしまいまして。しかもその時、結構な確率で高齢者の方には聞こえないような高周波を発しながらマシンごとハングしやがりますので、ほとほと困り果てています。
最近ファイルを開いただけでハングすることが頻発しましたので、とうとう描画をSreeDに変えてしまいました。重い上に綺麗でないので、結構辛いです。
OSXに乗り換えてからというもの、Mac本体の電源を強制切断しないといけないような目に遭ったのはPoserぐらいです。バギーでもShadeみたいな綺麗な落ち方してくれたらマシなんですけどねー。
 
>T2さん
いやーわかってますって、BMPのは冗談です(笑)。PICTが切られたのも、OSXになってからMacのOS標準画像フォーマットがPICTからPNGとPDFに替わったので、それを考慮したんだと思っています。自分がPNGが使い辛いのでちょっとグチってみただけです(^^;
Photoshop形式はプレビューが見られないのですか。ちょっと不便ですねー。TIFFはどうでしょう? ソフトによって扱いが違ったりするのでやや不便もありますが。
 
Universal PoseのデータはやっぱりPuppet Masterのものでしたか。定義ファイルが見当たらないというは、ひょっとしてPoser側でcr2か何かから取得しているのかもしれないですね。Puppet Masterを所有していないので、あまり詳しい検証はできないですが……。
 
#あっ! P7に完全移行するなら、ポーズファイルはUniversalに変換した方がいいのかな。ひょっとして今の作業って二度手間になるんだろうか(うわあぁぁぁ)

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2006-12-28
Post Hour
11:54:10

Edit

ワタクシもATIには悩まされまして、ずいぶんバージョンと設定をいじりました。で、なんとか安定してるっぽいです。
白にはなるんですがハングアップしたことはないですね~
まあATIのOpenGLは昔から超評判悪かったんで…

Name
ほげほげ #-
Site
URL
Post Date
2006-12-28
Post Hour
12:46:44

Edit

わが家もATIで、選択時にオンマウスすると、真っ白!
これでは困るので、設定をいじってコントロールパネルで
回避しました。やっぱり買い換えた方がいいのかな。
でもこの季節、静電気が恐ろしい。挿す場所もわかんないし・・

Name
Youniss #-
Site
URL
Post Date
2006-12-28
Post Hour
13:26:58

Edit

矢張りポーズは一から作られていたんですね。
いつも力の抜けた自然体のポーズだなと思っていました。
市販のポーズ集だとどこか派手さを感じるのでどこか違うと思っていました。
私は女性の可愛らしいポーズが苦手なので時々Aiko用のポーズ集を使ってしまいます。
poserと言うくらいだから自分の思ったポーズが決まった時は嬉しいのですけど矢張りプロが作った物は可愛いのでツイツイ頼ってしまいます。
いつか可愛いポーズの秘密を解き明かしたいです。
・・・
何気に読んでいましたが50とおりのポーズ、名前を付けるのは日本語でも大変ではないでしょうか?
私は01から番号で保存しています。
でもツイツイ面倒であんまり保存していません。
でも折角作ったポーズだから保存しておかないと勿体無いですね。
名前付けだけで語彙が広がりそうだから挑戦してみようかな。
・・・
ウィードさんだったんですね(^^
眉間の縦皺で見たことあるなとは思ったんですが。
綺麗な目してますね、最初に目を見開いた時ビックリして、その印象が強すぎました。
血色の悪さとはあまりな言い方ではないでしょうか(^^:
エルフだから当たり前と言うか・・・良いのではないでしょうか?

Name
sannzi #u2lyCPR2
Site
URL
Post Date
2006-12-28
Post Hour
18:03:25

Edit

>ほげほげさん
MacではドライバはOSの一部なんで、設定やバージョンは変えられないんですよねー。今ATI社のサイトに置いてあるドライバも2005年1月のOSアップデートで組み込まれたものですし。自分的にはOpenGLの設定はアプリケーション側でやるものだと思っています(笑)
まあグラフィックカードもよろしくないのかもしれませんが、自分の環境ではSR1以前には起こらなかった現象ですし、マシンをハングさせる時点でPoserが悪玉確定なんで他を変えることはないと思います。
 
>Younissさん
オンマウスで真っ白になるのも辛いですね~。まあ実際にハングするのは2~3週間に一度ぐらいなので、マシンを起動し直すにはいいタイミングかな……と消極的に構えています。普段電源つけっぱなしなもので。まあいつかWindows用の安価なグラボが入手できたら、Mac用のROMでも焼き込んで差してみます。
冬場のマシントラブルは嫌ですよね。自分も最近は帯電体質っぽいので、会社で蓋を開ける時は制服のブラウス1枚で格闘したりとか(笑)
 
>sannziさん
市販の男性のポーズって、なんだかわざとらしいんですよね。そんなカッコで街中に立ってるヤツがいるか!っていう(笑)。でも小物の持ち方とかは、男女で手のサイズが違うだけにいつも悩みます。そして可愛らしい女の子のポーズは私も苦手です(爆)。謎を解明されましたら、是非ご教授下さいませ(^^)
 
ポーズファイルはいつの間にかそんなにあったんだ……という感じですね。ポーズの方はほとんど「立ちポーズ09」とか「座る05」とかで命名してるので、まだ楽なんですけど……。あとJamesとM3で半分ずつぐらいなので実際にはそんなに多くはないです。
 
はい、ウィードはこんな顔でした(笑)。でもこうやって目を開けてるところを撮ることはないでしょう。ギャグで白目はやるかもしれませんが(非道)。そうそう、エルフだから色白で……というより、やっぱりちょっと人間とは違う感じですね。宇宙人ぽいというか……(やっぱり非道)

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2006-12-29
Post Hour
04:58:50

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/184-6e04e3c4



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。