background

ちょっぴり実験

2006年10月22日(Sun)

Tips用に拡散IBLライトをいじっていて、Poserでライトプローブ画像を背景に使えないものかと考えてみた。

背景ノードはもちろんウィンドウに画像をただ貼り付けるだけなので、やっぱり大きな球体にマッピングするのが一番良いかなと。ただ、ライトプローブイメージを球体マッピングするには、UVをその形に展開しないといけないわけで。

ShadeのEugridシリーズの中に、極が一つしかない球体(自由曲面)を作成するプログラムがあったので、直径20メートルぐらいの球を作ってポリゴン変換する。自由曲面から変換したポリゴンにはUVが自由曲面に沿って自動的に貼られているので、それをそのままPoserに読み込んでみる。

061022-1

極や面の向きなどを変えてテクスチャを貼ってみたところ。

061022-2

で、同じ画像で拡散IBLライトを使ってみる。

061022-3

だいたい合っているような感じだ。ただ、どうしても画像の解像度が足りないので(上の画像は50%に縮小している)粗くなってしまう。

061022-4

被写界深度で背景用の球体をぼかしてみたところ。当然ながら被写界深度を使うとこの画質でも時間がかかってしまうわけで。しかも画像のフチとかアレだし(笑)。このあたり、P7で改善されるといいんだけど……どうかな。

061022-5

別撮りして背景だけPhotoshopでぼかしを入れてみる。確かにきれいにはなるけど、あんまり意味がないような……。
あと、この球体だとやっぱり歪みが大きくて、側面に近付くと歪曲してしまっている。

061022-6

後ろを振り向くと異次元への入り口があったり(笑)

061022-7

まあ雰囲気だけを要求するなら、これでもアリかな~、ってところかな。HexagonのUV展開の画面に下絵を読み込めるなら、ちゃんと計算式で比率を求めて手でUV展開するのが一番いいのかもしれない。

ま、たぶんやらないけど。



Comments

HDRShopを使ってみてはいかがでしょうか?
あ、MAC用は無いかも。
 
 

Name
T2 #OwGBkIc2
Site
URL
Post Date
2006-10-22
Post Hour
13:12:37

Edit

>T2さん
Mac用があったら、多分真っ先に試していると思います(悲)
HDRShopは確か球体の画像をサイコロ型に変換できるんですよね~。
実際に計算してみればそう難しくはないんでしょうが、わざわざするほどでもないかな~、って思ったり(^^;

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2006-10-22
Post Hour
21:52:51

Edit

ライトのTips、目次がついて、見やすくなりました。これは、永久保存版です。
 
それと、ぽざくらの方に質問を書かせていただきました。

Name
ぱいん #WzzJX4NY
Site
URL
Post Date
2006-10-22
Post Hour
23:55:10

Edit

>ぱいんさん
改めて目次を付けてみると、よくこんだけ書いたな~、と他人事のように思ってしまいますね(^^;
ぽざくらの方、お答えしておきました~。

Name
Kyotaro #NWbyPjWY
Site
URL
Post Date
2006-10-23
Post Hour
07:33:30

Edit

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

※このブログにトラックバックを送信する場合、お手数ですが本文中にブログ該当記事へのリンクを含めてください。

トラックバックURL:http://rutenshikai.blog63.fc2.com/tb.php/161-35685de5



Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。