background

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ライトカメラ。

2006年08月27日(Sun)

ライトカメラはライトと同じ位置に存在し、ライトと同じ方向に向けられたカメラだ。
各ライトに一つずつ存在し、ペアレント設定ではライトのチャイルドに設定されている。
Poserを始めたばかりの頃、カメラの変更で視点を切り替えられることを確認し、
「ふーん」とそれきりライトカメラは使っていない……という方もいるかもしれない。
だがこのライトカメラ、ライティングには意外と役立つばかりか、
かなり重要な役割を果たしているのである。
 
ライトカメラを選択すると、遠近法が狂ったような、妙に平面的な視点に切り替わる。
それは選択したカメラのライトが無限光だからだ。
以前説明したように、無限光はどこまでも平行に進む。したがって視線も平行投影法になる。
平行投影法ではどれだけ遠くを眺めても距離が離れない。
ところがライトをスポットに切り替えると、視線はいつものような遠近感を取り戻す。
スポットライトの光は遠くへ行くほど互いに離れるので、見た目の距離は逆に縮まるのだ。
 
118-1

まあこれは一般常識の話。
 
ライトカメラはライトのチャイルドなので、単独で位置や向きを変えることはできない。
動かす時はライトごと動かす。
カメラをライトカメラに、パラメータパレットを対応したライトに切り替えてみよう。
そしてライトの向き、つまりX軸回転とY軸回転をグリグリと動かせば、
同時にライトカメラの視点も動く。スポットライトなら位置も動かせる。
ポイントライトも動かせるが、いまいち不毛なのでやめておこう(笑)
 
さて、このカメラがどう役に立つのか。もちろんライティングに使うのである。
 
ライトカメラから眺めたとき、障害物で遮られて見えない部分がある。
その部分、当たり前のことだが影有りでレンダリングすれば影になる。
逆に言えばライトカメラから見える部分には光が当たるのである。
例えば大きな身振りのポーズを付けた時、いざレンダしてみると腕や小道具の影が
肝心の顔に落ちてしまい、やり直しをする羽目になった……というようなことはないだろうか。
ライトカメラを使えば、ライトを少しずつ動かしてテストレンダを繰り返す必要はない。
主要な部分(この場合は顔)が隠れないようにライトを動かせば、最小限の調整で済むのである。
 
118-2

人物を窓際に立たせて外の光を当てたいというような時も、ライトカメラから見て
窓枠の中に人物が見えるようにライトの角度や立ち位置を調整すればいい。
逆に影を効果的な位置に落とすように、狙いを定めることもできる。
 
118-3

また、ライトカメラはスポットライトの調整にも便利だ。
スポットライトの光は中央から同心円状に減衰するので、一番光を当てたい部分とライトの中心軸を
合わせなければならないが、ライトカメラから見ればウィンドウの中心に合わせるだけで済む。
最初に無限光の状態でライトの向きだけ決めておき、スポットに変更して位置調整をすると楽。
こまめなカメラ変更が使い勝手を向上させるだろう。
 
118-4

もっとも、これだけならライトカメラは「あれば便利」という機能に過ぎない。
ライトカメラの一番肝心な機能は別のところにあるのだ。
というわけで、次回からシャドウマップの原理についてまとめていこうと思う。
Tipsお役立ち度は低下する見込み。
 
■頂いたコメント■


コメント:(duha)
恥ずかしながらこのカメラの存在を初めて知りました。これだけでも十分に便利なのにさらに奥があるんですね。楽しみです。ちょっと怖いですが。原理編も楽しみにしています。

コメント:(miketama)
ワ~イ! KyotaroさんのTipsがまた一つ増えたっと…、保存、保存!
 
Kyotaroさんはご自身のサイトで「関西在住の理系女」と自己紹介されていますが、Kyotaroさんの書く説明文ってやっぱり理系の人が書く文章ですよねー。テクニカルライティングっぽいっていうか。私も是非、解説本の出版を期待しますよ~ (^o^)
 
ところで私は、理系の女性っていうと、なぜかショートカットで、眼鏡がよく似合って、ちょっと冷たい雰囲気のある理知的な美人を想像して憧れてしまうのですが、Kyotaroさんもそんな感じですか~? (*^_^*)
Kyotaroコミックにマッドサイエンティストとしてご自身を登場させてくださることを希望しますっ(笑)

コメント:(kirakira)
お嬢さんのキャラが、一番気になりました(笑)
かわいい♪
 
たぶん、2回目くらいかなと思います~…
女の子キャラを拝見したのは(笑)

コメント:(sannzi)
Vueでもライトカメラ(ライト視線)は有るのでこの様な用途で使ったことはあったんですが。
Poserの方がやはり操作が難しいような気がしました。
最も試しに使ったのは今日が初めてだったので(恥)
無限光からスポットに切り替えると見え方までそれにしたがって変わると言うのは、もっともな様でいて不思議な気もしました。
唯ライトカメラの一番肝心な機能と言うのが非情に気になります。
 

コメント:(Kyotaro)
>duhaさん
あははは、Poserは結構使われない機能が多いですよね~(^^;
私はアニメーション関係が弱点です(笑)
奥はありますが、有用かと訊かれるとカナリ困ります(笑)。なるべく難しくならないようにしたいですね。
 
>miketamaさん
あー、やっぱりにおいますか(笑) できるだけ単語とか言い回しとかは理系っぽくならないように文章にしたいんですけど、書く時によってもムラが出たりして……(^^;
 
理系の女性像ですか~(笑)
同じ学科の友人はショートでしたが自分は今のとこロングですねー。一人は眼鏡でしたが自分はコンタクト派ですねー(笑)
たぶんmiketamaさんのくーるびゅーちー像からは離れていると思います(^^;
え、コミックですか(汗) そうですね、マッドサイエンティストというかまんま魔女かなぁ(爆)
 
>kirakiraさん
そこですかー(笑)
やっぱりTips画像は一般性を持たせたいので女性を多用……というか持ちキャラ使うとあちこち気になってなかなかはかどらないのです(笑)
このあいこさんはデフォ顔にSaku皮です(^^
 
>sannziさん
いえ、Poserのライトカメラは私も使いにくいと思います(爆)
たぶん本来の用途からは外れているからか、ユーザーが絵作りに使うためには設計されてないんだと思います。たまたまユーザーにも使えるようにしてあるだけ……というか。
肝心な機能といっても、影付けに関係することなので影つきレンダをされない方にはまったくお役にたたないといいますか(^^;
できるだけ順を追って整理しながら書いていきたいと思います。

コメント:(MAKIRI)
ぶああっ!
こんな機能があったんだ~と、うなづくことしきりです!
面倒くさがりって、こういうとき損ですね。
早速使ってみます。Kyotaroさん、どうもありがとう(^^)/!
…って、Kyotaroさんって、女性の方だったんですか?(^^;)

コメント:(Kyotaro)
>MAKIRIさん
どういたしまして~(^^
操作はし辛いですが、ライトカメラは意外と便利だと思います。
あまり目立たないというか、カメラもリストの下の方にひっそりと隠れてたりなんかして(笑)
性別ですか? そりゃもう、こんだけ野郎画ばかりこしらえてる奴ですから(笑)
こんな名前でも書く文章がエラそうでも、一応生物学的に女性です。はい。




Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。