background

ライティングミニTips。

2006年08月23日(Wed)

そのいち。
 
ライトにテクスチャが貼れることをご存知だろうか。
やり方は簡単だ。マテリアルルームでライトを選択して、カラーにイメージマップを接続する。
するとあら不思議、あっという間にステンドグラスのできあがり。
 
117-1

ライトはスポットライトを使うのがいい。というのは
無限光やポイントライトだと投影されるイメージのサイズを制御できないからだ。
 
117-2

いや、本当は方法があるのかもしれない。方法が分かった方は是非教えて頂きたい。
 
水着展に出品した作品では、水面からの照り返し用に無限光に3Dテクスチャを貼っている。
本邦初公開。夏も終わりに近付いてから公開するあたりがいやらしい(笑)。
 
117-3

影無しライトなのは、プールサイドから離れた位置のフィギュアや後方の列柱部分の底面に、
なるべく真下に近い角度からから照射する必要があったため。
他への影響が軽微なのを確認したら、あっさりオフにして負荷低減。この辺は使い分け。
ノードは単純に3Dテクスチャの斑点をゲインを上げてから反転している。
ちなみに3Dテクスチャなら無限光でも大きさをパラメータで指定できる。
 
この手の柄付きライトは、水中のコースティクスやバリライトなどにも使えるだろう。
色々使い道はあると思うので試してほしい。
 
そのに。
 
ライトノードでは通常のカラーの他に、拡散色と鏡面色を別々に設定できる。
なので拡散や鏡面をそれぞれ黒(0,0,0)にすることで、いくら照射してもハイライトが
出ないライトや、逆にハイライトだけが現れるライトなどを作ることができる。
ハイライトが出ない柔らかい光は人の肌を照らすのに使えるかもしれない。
また、ハイライトだけを描画するライトは、ピンポイントに瞳の輝きを増量する
スポットライトなどを作ることができるだろう(レタッチした方が早いとは思うが……)。
 
117-4

また拡散や鏡面には、カラーと同様イメージテクスチャを貼ることもできる。
とすればハイライトにだけ模様が浮かび上がるライトなども作れるわけだ。
オブジェクトのPoserサーフェイスノードに設定しても同様の効果はもちろん得られるが、
オブジェクトに直接設定するのとの違いは、複数のオブジェクトに対して
一括で影響を与えられること、他のライトを当てた時には影響がないという点だ。
 
……まあ、ひょっとしたら何か使い道があるかもしれない、という程度で。

■頂いたコメント■

コメント:(MAKIRI)
うーむむむむ。
いや、すごく勉強になります。
こんなTIPSをフリーで公開していいのだろうか。
POSERの解説本って、はじめてこのソフトを使う人には親切だけど、応用に関してはほとんどブラックボックスになっていますよね。
Kyotaroさんの解説は図入りの上、丁寧で非常に分かりやすく、実践してみようと言う気にさせるツボを心得てらっしゃるw
前回の解説で、Younissさんも言っておられましたが、本が出たら指名買いします(^^)。

コメント:(TGLL65)
お久しぶりです。
素晴らしいTips群を、本当にありがとうございます。
ライトって本当に重要ですよね。
Poserを実際に触るまでは、全然頭の中になくて……色々弄ってから
思い知らされるというか。
MAKIRI様に本当に同感です……

コメント:(sannzi)
今回も有難うございます。
いの一番に水面照り返しを作ってみました。
M3を読み込み後に向けスキンヘッドをテラテラと照らしてみました。
おお!!確かにあの絵の後頭部が再現されているではないですか(+o+)
感心してジーッと見つめていたら、なにやらこの世のものでは無いものをみている様な不思議な気分になってしまいました。
素晴らしい特殊効果だと思いました。
ハイライトが出ない、逆にハイライトだけのライトとというのも思いもしませんでした。
何か使えることは無いか心がけてみようと思いました。

コメント:(Henriette)

言われて見ればそうだった。ライトにテクスチャ全く考えてなかったデス(^^;
ライティングも奥が深いですねー。
しかしこのBlog、ローカルにコピーして永久保存しておきたいぐらい参考になります。

コメント:(Kyotaro)
>MAKIRIさん
あはは、出版に向けてネタは出し控えた方がいいですかね~(笑)
いえ、冗談ですけども(^^;
Poserの書籍はたまに立ち読みしますが、本当に入り口のことろしか解説されてないですよね。その後自分で何かやろうとすると、途端に詰まってしまうというか。
まあそれだけPoserにできることが多いということかもしれませんけども。
そのスキマを埋めるよーにTipsを出していければいいかなと思います。
 
>TGLL65さん
ご無沙汰してます(^^
ライトって本当に難しいですよね~。私も、ポーズやカメラを決めてから
「さーぁて、どうしよう」となることが多いです(笑)
そこでようやく道半分というか。
焦らず一つずつ決めていくのが一番の近道だと思います~(^^
 
>sannziさん
いの一番でしたかー(笑)
どうでしょう、意外と簡単にそれっぽく見えるでしょう?
いやでも何もスキンヘッドを照らさなくても……(^^;
ハイライトの出ないライトは、たとえば全体の明るさを変えたくないのに
ハイライトの出方がどうしても煩い……というようなときに微調整とかでも使えると思います。
無理矢理使うことはないですが、まあ頭の片隅にでも置いてやってください(^^
 
>Henrietteさん
あはは、意外と盲点だったりしますよね~>ライトにテクスチャ
他にもできることがまだまだあるかも知れません。
永久保存ですか(^^; もう一方のブログにも保存してますので、いざという時も大丈夫ですよ~(笑)




Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。