background

買いました。

2006年12月19日(Tue)

Poser 7・英語版。

春先には日本語版も出るだろうと思っていたにも関わらず、敢えてここで英語版を選択するのには多少の思いきりが必要だった。それが英語であるというだけで、自分の検証能力が激減することは目に見えているからである(笑)

英語版のメリットといえば、アップデータが(出れば)確実に入手できることと、生成したファイルに日本語が混ざらないことぐらい。ファイル内に日本語が混じってしまう問題については、自分はそんなに重要視していない。エディタでマクロを実行してラテンなエンコードで保存するだけだから、自分にとってはフィギュア番号をチェックして書き替えるついでの作業でしかない。もともと英語の部分が書き替わってしまうわけでもないし。

それでも踏み切るに至ったのは、英語版のリファレンスマニュアルの存在が大きい。日本語版のマニュアルは、言語として破綻している部分もあるがそれは置いといて、明らかな誤訳が含まれているからである。言語になっていない部分は自分で補完できても、誤訳されている部分を修正しながら読むのは難しい。それならいっそ原文を翻訳した方が確実である。

そんなわけで。

昨年のMikiとTYの発売の経緯を見て以来、コンパラ(特にアメリカ)には鐚一文たりとも金を落としたくはなかったのだが、モノが英語版だけに他に選択肢もない。嫌だ嫌だと思いつつ、米コンパラにPoser 6J Macintosh用UPグレード版のシリアルを入れて初決済。丸一日程度でDLリストが有効になったというメールが届いたので普通に落とす。そいでもってパスポートもしっかりアクティベート。

パスポートはコンパラの優待会員資格で、モノは知れているが特定製品の値引きなどの特典がある。日コンパラでは廃止された制度らしいので、有効化するには米コンパラでパスポートをカートに入れ、クーポンコードを入力して決済する必要がある。
パスポートを入手すると、日コンパラでは通常価格でも米コンパラでは値引き表示されているものがあるので、早速Wishリストに入れていたものをカートに放り込む。

ちなみに、コンパラはWishリストと購入品リストは日米共有で、カートは別になっているらしい。なので、日米両方のコンパラにアクセスしつつWishリストとカート間の移動を行ったりすると、いつの間にかブツが消えてしまったりするので要注意(いやフツーはやらないって)。

そんでもってコンパラにKoji1が居ないことに気付く(笑)。
duhaさん情報によると、G2が出た時に店頭から姿を消されてしまったらしい。
なーんーだーかーなー。

スポンサーサイト







Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。