background

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Aeon Timeline 2を試してみた

2017年04月20日(Thu)

今回はCGじゃなくて書きものネタ。

たとえば、Aさんは冬の生まれと設定している。お話を読んでくださった方ならわかると思うけど、その昔彼が年齢を訊かれた時に「年が明けたので24」と答えていたのは、「正確な日付が分からないから新年を迎えたら1歳加算することにしている」からである。したがって、Aさんは誰よりも早く歳をとる、ということになる。

ひるがえって、Bさんは春の生まれだ。「(新)緑の聖日の翌日に」と言うぐらいだから、どうやらあんなファンタジーな世界の一般市民でも自分の誕生日ぐらいは把握しているらしい。

では、この二人の歳の差が九つというのは、果たしてBさんが誕生日を迎える前なのか、後なのか。

そんなことを考えていると頭がこんがらがって、おもむろに年表などを作り始めるのである。ええっと、一日に徒歩で移動する距離がだいたいこれぐらいで、山越えもあって、一ヶ月経過してて……トレボー城塞からクロビスの街までは何キロぐらい離れているのかなあ、などなど。

ところがこの年表というフォーマットがなかなか面倒くさい。ワープロソフトだと計算が大変だし、表計算ソフトを使ってみても、抽出や整形が煩雑だったりする。何か効率的な方法はないかなあ、と漠然と思っていたら、年表作成ソフトなるジャンルがあることを知った。そんな中で気になったのがAeon Timeline 2というソフト。時系列で出来事と要素の関連性を管理するらしい。英語版しかないけどMac/Windows両対応で、20日間の試用ができるということなので、ダウンロードしてみた。

170420-1

なかなかいい感じ。英語だけど、操作的には特に難しいところもないと思う。

開始日と終了日を持つ出来事(イベント)があって、それとは別に「人物」とか「場所」とかいった要素(エンティティ)を作成できる。この要素はカスタマイズできるけど、とりあえず最初から「アーク」「人物」「場所」の三種類が登録されている。アークというのは一連の文脈みたいな感じなのかな? とりあえずカテゴリ的な使い方をしてみた。でもって、たとえば何年何月の何日にトレボーがワードナに魔除けを盗まれた、という出来事が起こったら、まずその出来事を作り、さらに「トレボー」と「ワードナ」という人物要素を作って、出来事に二人を関連付ける。

170420-2

すると人物単位に表示を切り替えても、どちらの年表にも魔除けを盗まれたという出来事が表示されるわけだ。この関連性は、一覧表形式でチェックすることもできる。

170420-3

ある時点で誰がどこにいたか、みたいなことがパッと確認できるし、矛盾や漏れのチェックができるようになる。なにしろ付属しているサンプルデータがオリエント急行殺人事件のアリバイ一覧というのだから、まさにうってつけなわけだ。

便利なのは、生まれた日を出来事として作り、人物要素側に生年月日として登録しておくと、自動で年齢を表示してくれるところ。不死者や自動人形でもどんと来いだ。

170420-4

さらには、カレンダーを自分世界仕様にカスタマイズしたりなんかもできる。毎月30日×12ヶ月+余りの日5日または6日なんてカレンダーでも対応可能。いやウチのことだけど。

170420-6

暦の名称も作れるので、指輪物語の第三紀何年、みたいな表示も可能。ただ、閏年はグレゴリオ歴に従うようだ。つまり4年に1回あって、100年に1回なくて、400年に1回ある、という一年あたり365.2425日計算。

あと残念なのは、暦の混在や途中からの変更ができないところ。西暦と年号並列表示はできないし、16世紀あたりで余りの日を廃止して、31日の月が作られた……みたいなケース(ウチのことだけど)は設定できないっぽいので、そういう場合は別ファイルに分けるしかないみたい。それに、出来事や要素を一個でも作ってしまうとカレンダーの修正自体ができなくなってしまうので、最初にガッチリ作り込んでおく必要がある。

他にも日付の設定が年単位や月単位で選べるにも関わらず、表示している年表の間隔が優先されてデータが丸められてしまうらしいところ、設定画面のカーソル移動などがイマイチ練られてないところ、など挙動の怪しい部分は散見するものの、全体的にはとても使いやすい。OS標準のバージョン管理機能に対応してるし、うっかり保存ミスをやらかしても安心だ。Scrivenerとの連携もできるし、プロジェクト管理的な使い方もできるぽい。

170420-5

表示範囲は任意に変えられるから、大きなスパンの出来事も一元管理できる。

しかし、App Storeで6千円、直売で50ドルはちょっと高いなあ……。でも大掛かりな背景セットを3つぐらい購入したらそれぐらいは軽く払ってるし、ずっと使えるなら悪くない値段かなー。

にしてもなんか、これ作り込んだら、もうお話書かなくても満足できそうな気がする(笑)。

スポンサーサイト


今風リビング。

2017年04月05日(Wed)

まあ結局テストレンダ。StonemasonさんのContemporary Living

170405-1

なんで書き割りが全方向じゃないんだ……などとHDR画像との色を合わせながらこぼしてみたり。いやいいんだけども。

170405-2

メインライトの光量を落として各ライトの輝度を均等にすると、ホタルは減るけど当然のようにアンバランスっていうか非現実的になる。エリアライトをフェイクに使うとシーンによってはガッツリ映っちゃうんだなあ……どうしようかなあ。

170405-3

そういやテレビはないんだな、この部屋。



多段モーフの多段制御

2017年03月30日(Thu)

1. やたらと長い前置き

Poserにはカタカナ用語がたくさんあって、最初にまとめて覚えようとして挫折したり、わからないなりに把握してたり、という人も結構いるんじゃないかと思う。

たとえばジオメトリ。「OBJのことでしょ?」と言われれば、まあその通りだ。じゃあ「オブジェクト」と「ジオメトリ」は同じものだろうか? そう聞かれると、内心焦ってしまったりするんじゃないだろうか。

ジオメトリ (Geometry) は「図形」や「幾何学」という意味だ。つまり形状、モノのカタチそのものを指す。一方、オブジェクト (Object) はソフトによって微妙に使われ方が違うけど、基本的により抽象的なモノ、存在そのものを表す。例えばPoserの背景や大気は確実にシーン内に存在し、特性や独自のマテリアルも持つオブジェクトだけど、ジオメトリを持たない。

170330-01

逆にVictoria 4.2に仕込まれたマグネット群にはカタチがないけど、あれは「存在しない」というジオメトリを読み込んでいる。ライトやカメラは表示用のジオメトリを持っているけど、あれは言わばガイドのようなもので、そこから光が発せられていたりするわけじゃない。

ヤヤコシイネ。

Poserのジオメトリは基本的にWavefront OBJ形式で記述されている。まず頂点があり、その頂点を直線で結ぶことでポリゴンが定義される。ポリゴンとは多角形の意味で、だいたいは三角か四角のどちらかだ。まれに線が閉じられず、面を持たない線ポリゴンというものも存在する。ダイナミックヘアーのガイドヘアーは線ポリゴンだ。

そして面ポリゴンがたくさんたくさん繋がって、立体のカタチを作り上げている。一見なめらかな表面でも、表示スタイルを変更してやれば、そのオブジェクトが複雑なジオメトリを持っていることがわかるだろう。

170330-02

さて、ここからちょっと若返る時間。

三次元空間の中にある、一つの頂点をPと呼ぼう。Pointの頭文字をとってPだ。この頂点Pがどこにあるかを定義するためには、X軸、Y軸、Z軸、それぞれの座標を求めればいい。頂点PのX軸座標はpxで、Y軸座標はpy、Z軸座標はpzだったとする。そのとき、「頂点Pは(px, py, pz)にある」と定義することができる。ジオメトリファイルの中には、そんな感じの座標が大量に記録されている。

でもってこの頂点Pを、別の位置に動かした。具体的にA地点まで動かした。A地点の座標はax, ay, azだ。さて、頂点Pはどれだけ動いただろう。

170330-03

「どれだけ変化したのか」を知りたい時、それは「変化した後の状態」から「変化する前の状態」を取り除いてやることで求めることができる。例えば財布の中の1万円が9千円になったとしたら、その変化の量は9000-10000=-1000。マイナス千円変化した、ということになる。変化の量がマイナスだから、減ったわけだ。

つまり頂点Pが元の位置からA地点に移動したとき、位置は(ax-px, ay-py, az-pz)だけ変化したということになる。変化した量というのは引算なのだ。なので数学の世界ではこれを差分 (difference)の頭文字d、さらにはギリシャ文字にしてΔ(デルタ)と呼んだり書いたりする。モーフターゲットの中に含まれるデルタとは、名前からして「どれだけ変化したか」を意味しているのだ。

170330-04

ところで、このデルタ内に記録されている数値はダイヤルを1にしたときの変化量だ。ダイヤルの値が2なら2倍移動するし、-0.5なら逆方向に半分だけ移動する。

170330-05

ということは、モーフターゲットは直線にしか移動できない、ということだ。ファギュアのパートやマグネットのように、回転させることはできないのである。



これの解説を

2017年03月24日(Fri)

書かねばならないような気がしている。

170324

いや、単なる多段モーフなんだけども。なんというか、まとまった日本語の文献がそんなにないような、技術がうまくシェアされていないような、そんな気がしてるんだけど、どうなんだろう。

うーん。

(もったいぶっているわけではなくて、文を構成したり図を作成するのに時間がね……)



悪そう。

2017年03月22日(Wed)

連休を使ってAさん用に服なぞコンバートしてみたり。

170322-1

なんか「コイツは絶対悪役しかもクライマックスの手前で死ぬ奴」感が果てしない。まあ概ねその通りというか、まんまなんだけども(笑)。

DAZで販売されているFrances CoffillさんのTOA Legend for Genesis 2 Male(s) and Michael 6(長い)。M4用にリリースされたTOA Legendaryのリフィットでなく完全リニューアル版だとか。M4版を見た時にも確か「おっ」とは思っていたはずなんだけど、去年DAZの男服を数年分遡ってチェックした時に、Genesis 2版のプロモ画を見て速攻でWishリストに放り込んだ。Poserで使えるかどうかもまだよく理解できてない時期にである。いやなんというか、男物でこのテのラインを作る製作者さんには全力で敬意を表さねばなるまい的な強迫観念というか。売り文句欄にわざわざ「男物です」って大文字で書かれてるあたりがポイント高いというか。

まあ、ぶっちゃけジオメトリさえ持ってこれればフィギュア化できるし。

っていうか、結局フィットルームとかそういうのまったく使わずに普通にコンバートしたし。

でもって、Aさんはリグ全体をいじってあるから、最早James/Koji用ですらないという。

170322-2

まだ作業途中。

DSON Importerを通すと、初期設定ではデフォルトランタイムのDSONフォルダの中にチェック用のジオメトリを吐く。コンバートされたフィギュアやファイルはまったく無視して、吐き出されたジオメトリ(.objファイル)を読み込んで体型に合わせた。大まかな位置合わせはフィギュア状態でやった方が楽なんだけど、フィギュアをOBJ出力するとジオメトリに切れ目が入るのが「なんとなくイヤ」なのでマグネットで。細かなはみ出しはモーフブラシでペタペタ。

あとは普通にグルーピングを変更したり、セットアップルームで骨を入れたり。モーフコピーの精度はもうちょっと上がってくれないと、まだ使い物にはならない感じかなあ。スカートのモーフだけはDSON Importerを通してPoserで再保存したファイルからエディタでコピペした。

170322-3

ベルトはM4版とGenesis 2版で位置が違うんだよね……というわけで両方のバージョンを用意したりとか。DAZ Studioでの動作を全く確認していないので、わりと適当。

いや、本当は真紅の法衣をリニューアルしようと思ってたんだけど、基本的な形は変わらないとしてウエストはベルトにしようか紐でいくかとか、正装の時の肩掛けをどうやってまとめようかとかよく考えたらまだ煮詰まってなかったような気がして。でもそろそろハダカやTシャツ以外にも何か作らないと、いい加減に呪われそうな気がして。

以前着てた黒くて細身の法衣の案、という位置付けで仕立ててみたんだけど、よく考えたらこの服裾が割れてるし「さすがにあれでは動き辛かったものですから」と言うにはむしろこっちの方が動きやすそうな気がしなくもない。まあ、現代モノ的な感じで使おうかな。

170322-4

マテリアルもまだ調整中。





Menu

Profile

Kyotaro

確定名:Kyotaro
ネタを探しているらしい。

Categories

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Comments

Archives

Track back

RSS feed

Links

Search

※2011年4月6日のサーバ障害の為、エントリのアドレスが以前のものからズレています。当Blogのエントリにリンクを張っておられた方は、お手数ですがアドレスのご確認をお願い致します。

※Internet Explorer非推奨。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。